小野研究員が第58回日本生物物理学会年会で招待講演を行いました

小野研究員が第58回日本生物物理学会年会で招待講演を行いました。

日程: 2020年9月16日(水)-18日(金)
会場: オンライン

講演者:Junichi Ono
講演題目:Microscopic mechanisms of proton transfers in bacteriorhodopsin revealed by quantum molecular dynamics method based on molecular movies
講演日程:9/16 13:55-4:17

分子科学会オンライン討論会にて口頭発表(3件)を行いました

分子科学会オンライン討論会において、当研究室の口頭発表が3件ありました。

Date: 2020年9月14日(月)-17日(木)
Place: オンライン

口頭発表

  • 竹村俊晃, 小野純一, 西村好史, 中井浩巳,”分子動画に基づく全量子分子動力学法によるバクテリオロドプシンのプロトン貯蔵,放出および拡散過程に関する理論的研究”,1B05,2020/9/14 10:12-10:30.
  • 浦谷 浩輝, 中井 浩巳,”分割統治型励起状態計算に基づく大規模非断熱分子動力学手法の開発”,1D13,2020/9/14 14:06-14:24.
  • 藤澤遼, 五十幡康弘, 清野淳司, 吉川武司, 中井浩巳,”機械学習型電子相関モデルの開発: 凍結内殻近似の適用”,1D17,2020/9/14 15:36-15:54.

藤波助教が技術情報協会Live配信セミナーで講演を行いました

藤波助教が技術情報協会Live配信セミナー『<マテリアルズ・インフォマティクスへ向けた>機械学習の進め方と活用、データベースの設計』にて講演を行いました。

日程: 2020年9月10日(木)
会場: ZOOMを利用したLive配信

講演者:藤波 美起登
講演題目:化学のための機械学習の基礎・応用方法と活用の進め方
講演日程:9/10 10:30-14:15

清野研究員がR&D支援センター講習会で「人工知能(AI)技術と 電子状態情報を用いた化学反応予測および反応条件最適化」の講演を行います

清野研究員がR&D支援センター講習会で「人工知能(AI)技術と電子状態情報を用いた化学反応予測および反応条件最適化」の講義を担当します。

日程:2019年1月28日(火)
場所:商工情報センター(カメリアプラザ)9F 会議室
主催:R&D支援センター

吉川研究員がQIQBシンポジウム「量子化学と量子情報・量子生命の接点」で招待講演を行いました

吉川研究員がQIQBシンポジウム「量子化学と量子情報・量子生命の接点」で招待講演を行いました。

日時:12/23(月) 9:55~17:25
場所:大阪大学豊中キャンパス 基礎工学研究科G棟509号室

講演者:吉川 武司(早稲田大学)
講演題目:大規模量子化学計算の開発と量子計算への適用に向けて
講演日程:12/23 10:50-11:30

Materials Research Meeting 2019 (MRM2019)にて、ポスター発表(4件)を行いました

Materials Research Meeting 2019 (MRM2019)において、当研究室関連の発表が4件ありました。

日程:2019年12月10日(火)~ 12月14日(土)
場所:横浜シンポジア

ポスター発表

  • ○Junichi Ono, Chien-Pin Chou, Hiromi Nakai, “Microscopic mechanism of diffusion processes in dilute electrolyte solutions for sodium-ion batteries”, F1-13-P17/Poster, 12/13 14:00-16:00.
  • ○Aditya W. Sakti, Chien-Pin Chou, Hiromi Nakai, “Density-Functional Tight-Binding Study on Oxygen Vacancy Diffusion in Ceria Systems”, F2-11-P20/Poster, 12/11 11:30-13:00.
  • ○Kyosuke Doi, Yuki Yamada, Masaki Okoshi, Junichi Ono, Chien-Pin Chou, Hiromi Nakai, Atsuo Yamada, “Reversible sodium metal electrodes: Is fluorine an essential interphasial component?”, Poster.
  • ○Junji Seino, Ryo Kageyama, Mikito Fujinami, Yasuhiro Ikabata, Hiromi Nakai, “Machine-Learned Kinetic Energy Functional in Isolated Systems and its Combination with Orbital-Free Density Functional Theory”, Poster.

五十幡研究員がICMS2019で招待講演を行いました

五十幡研究員がICMS2019で招待講演を行いました。

日程: 2019年11月3日(日)-6日(水)
会場: Lotte Hotel Jeju, Korea

講演者:Yasuhiro Ikabata, Takuro Nudejima, Junji Seino, Takeshi Yoshikawa, Hiromi Nakai
講演題目:Machine-Learned Correlation Model for Accurate and Efficient Computation of Correlation Energy
講演日程:11/6 11:00-11:20

DFTBに関する国際会議CECAM-Workshopにて、招待講演(1件)とポスター発表(3件)を行いました

CECAM-Workshop “Thinking outside the box – beyond machine learning for quantum chemistry”にて、招待講演(1件)とポスター発表(3件)を行いました。

Date: 2019年10月7日(月)-11日(金)
Place: Bremen, Germany

招待講演

  • ○Hiromi Nakai, “Semi‐local machine-learned kinetic energy density functional with third-order gradients of electron density”, invited talk.

ポスター発表

  • Aditya Sakti, ○Chien-Pin Chou, Hiromi Nakai, “Density-Functional Tight-Binding Metadynamics Study of Oxy-Carbon Diffusion on (100)-γ-Al2O3 Surface”, poster.
  • ○Junichi Ono, Chien-Pin Chou, Hiromi Nakai, “Long-time quantum molecular dynamics simulations based on divide-and-conquer density-functional tight-binding method for sodium-ion transport in electrolyte solutions”, poster.
  • ○Yoshifumi Nishimura, Hiromi Nakai, “Hierarchical parallelization of DFTB simulations with DCDFTBMD”, poster.

第33回分子シミュレーション討論会(名古屋)にてポスター発表(2件)を行いました

第33回分子シミュレーション討論会(名古屋)において、当研究室のポスター発表が2件ありました。

Date: 2019年12月9日(月)-11日(水)
Place: 名古屋市公会堂4階ホール

ポスター発表

  • 竹村俊晃,小野純一,西村好史,中井浩巳,”バクテリオロドプシンのプロトン貯蔵・放出過程に関するDC-DFTB-MDシミュレーション”,167P,2019/12/9 11:30-12:30.
  • 土屋佑太・周建斌・Aditya Wibawa Sakti・中井浩巳,”Mg-MOF-74による二酸化炭素固定化反応のDFTB-MD, Meta Dシミュレーション”,221P,2019/12/10 11:50-12:50.