第35回分子シミュレーション討論会において、小清水 (B4) によるポスター発表がありました

第35回分子シミュレーション討論会において、当研究室学部学生の小清水初花 (B4) によるポスター発表がありました。

Date: 2021年11月29日(月)~12月01日(水)
Place: 岡山大学創立五十周年記念館

発表内容

  • ○小清水初花, 小野純一, 福西快文, 中井浩巳,”大規模量子メタダイナミクス法によるSARS-CoV-2メインプロテアーゼの酵素反応機構の解明”.

Pacifichem2021において、中井教授、西村研究員と当研究室出身の清野・五十幡先生による招待講演があります

Pacifichem2021において、中井教授、西村研究員と当研究室出身の清野・五十幡先生による招待講演があります。

Date: 2021年12月16日(月)~12月21日(日)
Place: オンライン

発表内容

  • ○Hiromi Nakai, “Grid-to-grid type machine-learned quantum chemistry” (Invited Talk (#49) ML)
  • ○Hiromi Nakai, “Recent developments in DCDFTBMD program” (Invited Talk (#204) Morokuma)
  • ○Yoshifumi Nishimura, Takeshi Yoshikawa, Hiromi Nakai, “Recent developments in divide-and-conquer density functional tight-binding method” (Invited Talk (#206) QMD)
  • ○Junji Seino, Mikito Fujinami, Yasuhiro Ikabata, Hiromi Nakai, “AI-assisted orbital-free density functional theory calculation” (Invited Talk (#48) AI)
  • ○Yasuhiro Ikabata, Toni M. Maier, Junji Seino, Hiromi Nakai, “Picture-change-corrected relativistic density functional theory based on transformation of density operator and density matrix” (Contributed Talk (#214) )

シンポジウム企画

  • Stacey Wetmore, Leo Radom, David Charles Sherrill, Peter Schwerdtfeger, Ming Wah Wong, Kwang S. Kim, Alejandro Toro-Labbe, Hiromi Nakai (Organiser (#198) Synergism)

中井教授が組織委員を務める国際会議CJK-WTCC-Vがオンライン開催されます

中井教授が組織委員を務める国際会議第5回中日韓理論・計算化学ワークショップ(CJK-WTCC-V)が1月12-14日の日程でオンライン開催されます。
今回は日本が担当で、組織委員長は斉藤真司教授(分子研)です。
日本からの招待講演者は、畑中美穂(慶応大)、水上渉(大阪大)、土持崇司(神戸大)、岡崎圭一(分子研)、村岡梓(日本女子大)(敬称略)の5名です。

中井教授が世話人を務める第11回量子化学スクールが開催されました

中井教授が世話人を務める第11回量子化学スクールが11月30日、12月1日にオンライン開催されました。
参加登録者が過去最高の470名超であり、実際の参加者も最高300名弱という大変盛況な会となりました。
中井研究室からは、藤波助教がトピックス「機械学習」について講義を行いました。

<プログラム>

11月30日(火)
司会:藤田貴敏
9:00 – 9:10 開会の挨拶 中井浩巳(早稲田大学)
9:10 – 10:40 小林 正人 先生(北海道大学)
「Hartree-Fock(-Roothaan)法: 理論概要から詳細、数値結果まで」
10:50 – 12:20 中谷 直輝 先生(東京都立大学)
「電子相関とpost-HF法」
司会:清野淳司
14:00 – 15:30 神谷 宗明 先生(岐阜大学)
「密度汎関数理論の基礎」
15:40 – 17:10 福田 良一 先生(京都大学)
「電子励起状態の計算化学」
司会:清野淳司
17:30 – 18:30 交流会

12月1日(水)                                        
司会:藤田貴敏
9:00 – 10:30 岸 亮平 先生(大阪大学)
「量子化学に基づく分子物性の予測と解釈」
10:40 – 12:10 和佐田 祐子 先生(名古屋工業大学)
「GaussianによるSCFおよび構造最適化計算の実際」
司会:藤田貴敏
14:00 – 15:30 水上 渉 先生 (大阪大学)
「量子コンピュータを用いた量子化学計算の基礎」
15:40 – 17:10 藤波 美起登 先生 (早稲田大学)
「機械学習の基礎と実践のためのヒント」
17:10 – 17:20 閉会の挨拶 江原正博(分子研)

第7回電子状態理論シンポジウムにおいて、当研究室の口頭発表が3件、ポスター発表が7件ありました

第7回電子状態理論シンポジウムにおいて、当研究室の口頭発表が3件、ポスター発表が7件ありました。

Date: 2021年11月06日(土)
Place: オンライン

発表内容

  • 高梨倫哉 (M2) ”量子コンピューターを用いた動的分極率による励起状態計算アルゴリズム”(口頭発表).
  • 小清水初花 (B4) ”COVID-19治療薬開発に向けたDC-DFTB-MDによるメインプロテアーゼの酵素反応機構の解明”(口頭発表).
  • 佐々木良輔 (B4) ”物体検出手法の実装と化学実験データに対する数値検証”(口頭発表).
  • 佐藤 稔也 (M2) ”電荷の分割に基づく酸化的付加反応における金属種および配位子依存性の理論的解釈”(ポスター発表).
  • 清水 伊織 (M2) ”色素増感太陽電池に適した新規有機色素の探索とその物性値の評価”(ポスター発表).
  • 田嶋 一輝 (M2) ”有限温度法に基づく単参照型静的相関手法の拡張”(ポスター発表).
  • 土屋 佑太 (M2) ”遷移金属置換CeO₂によるCO酸化反応の理論的解析”(ポスター発表).
  • 藤澤 遼 (M2) ”機械学習を用いた非制限MP2相関エネルギーの予測”(ポスター発表).
  • 大島 玲生 (B4) ”2電子演算子の固有関数によるRI近似の検証”(口頭発表).
  • 大野 彰太 (B4) ”TD-DFTB法に基づく系間交差ダイナミクスシミュレーションに向けたスピン軌道相互作用項の実装”(口頭発表).

日本コンピューター化学会2021年秋季年会において口頭発表(1件)、ポスター発表(1件)を行いました

日本コンピューター化学会2021年秋季年会において、当研究室の口頭発表が1件、ポスター発表が1件ありました。

Date: 2021年11月02日(火)~11月03日(水)
Place: オンライン

発表内容

  • ○高梨倫哉,  吉川武司, 中井浩巳,”動的分極率による励起状態計算へ向けた量子アルゴリズムqUCC-LR開発”(口頭1O13).
  • ○小清水初花, 小野純一, 福西快文, 中井浩巳,”分割統治型密度汎関数強束縛メタダイナミクスによるSARS-CoV-2メインプロテアーゼの切断反応機構の解明”(ポスター1P18).