中井教授の日本化学会学術賞(2015年)のAward AccountがBCSJに掲載されました

中井教授の日本化学会学術賞(2015年)「周期表を網羅する線形スケーリングな相対論的量子化学の構築」のAward Account(Open Access)がBCSJに掲載されました。

“Development of linear-scaling relativistic quantum chemistry covering the periodic table”
H. Nakai, Bull. Chem. Soc. Jpn., 94 (6), 1664-1681 (2021). (Award Account)

中井教授談:執筆にかなりの時間を要しましたが、学術賞に関係する内容をきちんと執筆することができました。
関連分野における位置づけも明確にするため多く文献(文献数235)を引用しました。
内容は少し専門的ですが、ご笑読いただければ幸いです。

中井教授が理論化学会第1回産学連携シンポジウムで基調講演を行いました

中井教授が理論化学会第1回産学連携シンポジウムで基調講演を行いました。

■ 開催要領
 テーマ: 研究開発のDXにおいて理論化学・計算化学の果たすべき役割
 日時 : 2021年8月31日(火)午後
 会場 : オンライン開催(Zoom).8/27(金)までに参加登録者にURLをお知らせします.
 懇親会: オンライン開催(SpatialChat).8/27(金)までに参加登録者にURLをお知らせします.
 主催 : 理論化学会 http://www.rkk-web.jp/

■ 参加申し込み
 以下のページの「参加登録」からお申し込みください。
 http://www.rkk-web.jp/industry2021/

■ プログラム
 13:00-13:05  開会挨拶 東レ株式会社 茂本 勇
 13:05-13:45 【基調講演1】 住友化学株式会社 木全修一
          「マテリアル革新力強化戦略から見るデータ駆動型研究開発の重要性」
 13:45-14:25 【招待講演1】 三菱ケミカル株式会社 樹神弘也
          「DX時代の計算科学を考える」
 14:25-14:35  休憩
 14:35-15:15 【招待講演2】 JSR株式会社 大西裕也
          「素材産業におけるMIと量子コンピュータに関する取組」
 15:15-15:55 【基調講演2】 早稲田大学 中井浩巳
          「DX時代の理論化学」
 15:55-16:10 【休憩】
 16:10-17:30 【パネルディスカッション
           パネラー:講演者4名、奈良先端大 藤井幹也
           司会:東レ株式会社 茂本 勇
 17:45-19:30  懇親会

■ 手続き期間
 参加登録    : 7月21日(水)~8月23日(月)
 登録費振込   : 7月21日(水)~8月23日(月)
 ※当日の参加登録は受け付けておりませんので, ご注意ください.

■ お問い合わせ
 理論化学会第1回産学連携シンポジウム実行委員会
 E-MAIL : industry2021[at]rkk-web.jp ([at]を@に変えて下さい)

☆中井教授談
非会員である企業研究者、産学連携に興味を持つ学生会員などを含む100名以上の参加者があった。
参加いただいた方々に感謝したい。
木全・樹神・大西氏の講演はいずれも非常に興味深い内容であった。
講演及びパネルディスカッションを通して、DX(デジタルトランスフォーメーション)に関する研究では産学の垣根が低く、今後ますます交流が活発化するであろうと実感した。
理論化学会の産学連携シンポジウムの第1回目としては、大成功であったと言えるであろう。
担当いただいた茂本、松崎、藤井の3氏に心より感謝したい。