日本化学会 第99春季年会 (2019)(岡本)にて、招待講演(1件)、口頭発表(3件)、ポスター発表(2件)を行いました

日本化学会 第99春季年会 (2019)において、当研究室関連の招待講演が1件、口頭発表が3件、ポスター発表が2件ありました。

日程:2019年3月16日(土)-19日(火)
場所:甲南大学 岡本キャンパス
主催:日本化学会

招待講演

  • 中井浩巳, "データ科学と理論・計算化学の融合", ATP招待講演, 2019/3/17 16:40~17:20.

口頭発表

  • 土井俊輝, 吉川武司, 中井浩巳, "大規模単参照型静的相関手法の開発", 口頭A/1D6-45, 2019/3/16 16:20-16:30.
  • 髙島千波, 五十幡康弘, 栗田久樹, 高野秀明, 柴田高範, 中井浩巳, "イリジウム触媒を用いたベンズアニリド類のC-H結合活性化反応における相対論効果の解析", 口頭A/4D6-02, 2018/3/19 09:10-09:20.
  • 橳嶋拓朗, 五十幡康弘, 清野淳司, 吉川武司, 影山椋, 中井浩巳, "機械学習を用いたpost-Hartree-Fock電子相関モデルの開発", 口頭A/1D6-46, 2018/3/16 16:30-16:40.

ポスター発表

  • 中村崇玖, 周建斌, 土井俊輝, 吉川武司, 大越昌樹, 中井浩巳, "有限温度密度汎関数強束縛法によるRhナノクラスターの安定性・反応性の解析", ポスター/2PA-181, 2018/3/17 10:00-11:30.
  • 前川原大貴, 藤波美起登, 清野淳司, 一色遼大, 山口潤一郎, 中井浩巳, "機械学習を用いた有機反応における最適溶媒選択手法の開発", ポスター/3PA-036, 2018/3/18 10:00~11:30.

DC-TDDFTB-MDの論文がJ. Chem. Theory Comput.のカバーイメージに採用されました

大規模励起状態ダイナミックス手法、DC-TDDFTB-MDの論文がJ. Chem. Theory Comput.の"カバーイメージ"に採用されました。

"Development of Large-Scale Excited-State Calculations Based on the Divide-and-Conquer Time-Dependent Density Functional Tight-Binding Method"

Nana Komoto, Takeshi Yoshikawa, Junichi Ono, Yoshifumi Nishimura, and Hiromi Nakai, J. Chem. Theory Comput.