中井教授が世話人を務める第12回量子化学スクールが開催されます

中井教授が世話人を務める第12回量子化学スクールが12月6日から12月8日までオンラインと現地のハイブリッド形式で開催されます。

<プログラム>

12月6日(火)
司会:清野 淳司(早稲田大学)
13:00 – 13:10 開会の挨拶 中井 浩巳(早稲田大学)
13:10 – 14:40 小林 正人 先生 (北海道大学)
「Hartree-Fock(-Roothaan)法: 理論概要から詳細、数値結果まで」
14:55 – 16:25 中谷 直輝 先生(東京都立大学)
「電子相関とpost-HF法」
16:40 – 18:10 神谷 宗明 先生 (岐阜大学)
「密度汎関数理論の基礎」
18:30 – 19:30 Web交流会

12月7日(水)                                        
司会:藤田 貴敏(量子科学技術研究開発機構)
9:00 – 10:30 金子 弘昌 先生(明治大学)
「予測的な機械学習モデルの構築およびモデルの逆解析をするための標準的な手順」
10:45 – 12:15 五十幡 康弘 先生(豊橋技術科学大学)
「電子励起状態の計算化学」
13:30 – 15:00 岸 亮平 先生 (大阪大学)
「量子化学に基づく分子物性の予測と解釈」
15:15 – 16:45 田中 宗 先生(慶應義塾大学)
「量子アニーリング・イジングマシンの基礎と応用」
17:00 – 18:00 ポスター発表(現地のみ)

12月8日(金)                                        
司会:江原 正博(分子研)
9:00 – 10:30 和佐田 祐子 先生 (名古屋工業大学)
「GaussianによるSCFおよび構造最適化計算の実際」
10:45 – 12:15 楊 天任 先生、中川 裕也 先生(QunaSys)
「量子コンピュータによる量子化学計算と技術系スタートアップの実際」
12:15 – 12:25 修了証の授与、閉会の挨拶
12:25 – 12:40 講師の先生との懇談

第45回ケモインフォマティクス討論会において、当研究室のポスター発表が2件あります

第45回ケモインフォマティクス討論会において、当研究室のポスター発表が2件あります。

Date: 2022年11月18日(金)-19日(土)
Place: 九州大学筑紫キャンパス筑紫ホール

発表内容

  • ○藤波美起登, 清水伊織, Feng Wang, 中井浩巳, ”時間依存密度汎関数強束縛法と機械学習を用いた色素増感太陽電池のための色素分子の探索”
  • ○佐々木良輔, 藤波美起登, 中井浩巳, ”物体検出と行動認識を用いた化学実験の画像認識に関わる数値検証”

第36回分子シミュレーション討論会において、当研究室の口頭発表が1件、ポスター発表が3件あります

第36回分子シミュレーション討論会において、当研究室の口頭発表が1件、ポスター発表が3件あります。

Date: 2022年12月5日(月)-7日(水)
Place: 東京工業大学 大岡山西9号館ディジタル多目的ホール

発表内容

  • ○小野 純一,小清水 初花,福西 快文,中井 浩巳, ”量子分子動力学法によるSARS-CoV-2メインプロテアーゼ阻害薬の反応機構の解明”(口頭発表)
  • ○小清水 初花,小野 純一,福西 快文,中井 浩巳, ”SARS-CoV-2メインプロテアーゼの新規共有結合阻害剤の開発に向けたハイブリッド型in silico創薬”(ポスター)
  • ○西村好史, 中井浩巳, ”DCDFTBMDと分子シミュレーションプログラムの接続:大規模量子的経路積分分子動力学計算への展開”(ポスター)
  • ○石田賢亮, 西村好史, 吉川武司, 中井浩巳, ”光活性イエロータンパク質の光異性化過程に対する量子的分子動力学シミュレーション”(ポスター)

小野研究員が19th International Conference on Retinal Proteins (ICRP19)においてポスター発表を行います

小野研究員が19th International Conference on Retinal Proteins (ICRP19)においてポスター発表を行います。

Date: 2022年10月30日(水)~11月04日(金)
Place: ロイトン札幌

発表内容

  • ○Junichi Ono, Minori Imai, Toshiaki Takemura, Chika Okada, Hiromi Nakai, ”Bacteriorhodopsin utilizes hydronium and hydroxide ions for proton pumping”

日本コンピュータ化学会2022年秋季年会において、当研究室のポスター発表が2件あります

日本コンピュータ化学会2022年秋季年会において、当研究室のポスター発表が2件あります。

Date: 2022年11月25日(金)~27日(日)
Place: 信州大学 長野(工学)キャンパス

発表内容

  • ○大島 玲生, 高島 千波, 藤波 美起登, 中嶋 裕也, 中井 浩巳, ”汎用原子レベルシミュレータMatlantisと波動関数理論および密度汎関数理論による分子物性の比較検証”
  • ○森 直輝, 小野 純一, 小島 隆嗣, 中井 浩巳, ”汎用原子レベルシミュレータMatlantisを用いた動力学計算による溶液系における動的物性の検証”

第8回電子状態理論シンポジウム「実験と理論の協働による学術変革」が開催されます

第8回電子状態理論シンポジウム「実験と理論の協働による学術変革」が開催されます。

日時:2022年11月16日(水) 10:20~
会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館
主催:プロジェクト 計算化学の社会実装

本年は、新学術/学術変革領域から、以下4名の先生方にご講演いただきます。(プログラム詳細)

nakai
今岡 享稔 先生
東京工業大学、学術変革領域研究B「反応駆動学:カーボンリサイクルにむけた限界突破への挑戦」領域代表

南後 恵理子 先生

東北大学、新学術領域「高速分子動画法によるタンパク質非平衡状態構造解析と分子制御への応用」計画班

椴山 儀恵 先生

分子科学研究所・総合研究大学院大学、学術変革領域研究A「デジタル化による高度精密有機合成の新展開」 計画班

梶 弘典 先生
京都大学、学術変革領域研究A「動的エキシトンの学理構築と機能開拓」計画班

シンポジウムへのご参加は無料です。
参加登録こちらからお願いいたします。

来聴(オンサイト・オンライン)大歓迎!

お問い合わせ
E-mail: EST-symposium[at]list.waseda.jp ([at]を@に変えてください)

第16回分子科学討論会において、当研究室の口頭発表が1件、ポスター発表が1件あります

第16回分子科学討論会において、当研究室の口頭発表が1件、ポスター発表が1件あります。

Date: 2022年9月19日(月)~9月22日(木)
Place: 慶応義塾大学 矢上キャンパス

発表内容

  • ○小野 純一,小清水 初花,福西 快文,中井 浩巳, ”SARS-CoV-2メインプロテアーゼに対する量子分子動力学法に基づくin silico創薬研究”(口頭発表)
  • ○西村好史, 中井浩巳, ”複雑反応過程のための選択的量子ナノ反応器分子動力学法の実装と応用”(ポスター)

12th Triennial Congress of the World Association of Theoretical and Computational Chemists (WATOC)において、中井教授、浦谷助教による講演があります

12th Triennial Congress of the World Association of Theoretical and Computational Chemists (WATOC)において、中井教授、浦谷助教による講演があります。

日時 : 2022年7月3日(日)-8日(金)
場所 :  Vancouver, Canada

発表内容
○Hiromi Nakai, “Unveiling Controlling Factors of the S0/S1 Minimum Energy Conical Intersection”(Invited Talk)

○Hiroki Uratani, Hiromi Nakai, “Development of non-adiabatic molecular dynamics technique based on divide-and-conquer type large-scale excited-state calculation framework”(Short Invited Talk)