中井教授が理論化学会第1回産学連携シンポジウムで基調講演を行いました

中井教授が理論化学会第1回産学連携シンポジウムで基調講演を行いました。

■ 開催要領
 テーマ: 研究開発のDXにおいて理論化学・計算化学の果たすべき役割
 日時 : 2021年8月31日(火)午後
 会場 : オンライン開催(Zoom).8/27(金)までに参加登録者にURLをお知らせします.
 懇親会: オンライン開催(SpatialChat).8/27(金)までに参加登録者にURLをお知らせします.
 主催 : 理論化学会 http://www.rkk-web.jp/

■ 参加申し込み
 以下のページの「参加登録」からお申し込みください。
 http://www.rkk-web.jp/industry2021/

■ プログラム
 13:00-13:05  開会挨拶 東レ株式会社 茂本 勇
 13:05-13:45 【基調講演1】 住友化学株式会社 木全修一
          「マテリアル革新力強化戦略から見るデータ駆動型研究開発の重要性」
 13:45-14:25 【招待講演1】 三菱ケミカル株式会社 樹神弘也
          「DX時代の計算科学を考える」
 14:25-14:35  休憩
 14:35-15:15 【招待講演2】 JSR株式会社 大西裕也
          「素材産業におけるMIと量子コンピュータに関する取組」
 15:15-15:55 【基調講演2】 早稲田大学 中井浩巳
          「DX時代の理論化学」
 15:55-16:10 【休憩】
 16:10-17:30 【パネルディスカッション
           パネラー:講演者4名、奈良先端大 藤井幹也
           司会:東レ株式会社 茂本 勇
 17:45-19:30  懇親会

■ 手続き期間
 参加登録    : 7月21日(水)~8月23日(月)
 登録費振込   : 7月21日(水)~8月23日(月)
 ※当日の参加登録は受け付けておりませんので, ご注意ください.

■ お問い合わせ
 理論化学会第1回産学連携シンポジウム実行委員会
 E-MAIL : industry2021[at]rkk-web.jp ([at]を@に変えて下さい)

☆中井教授談
非会員である企業研究者、産学連携に興味を持つ学生会員などを含む100名以上の参加者があった。
参加いただいた方々に感謝したい。
木全・樹神・大西氏の講演はいずれも非常に興味深い内容であった。
講演及びパネルディスカッションを通して、DX(デジタルトランスフォーメーション)に関する研究では産学の垣根が低く、今後ますます交流が活発化するであろうと実感した。
理論化学会の産学連携シンポジウムの第1回目としては、大成功であったと言えるであろう。
担当いただいた茂本、松崎、藤井の3氏に心より感謝したい。

第36回化学反応討論会において口頭発表(1件)を行いました

第36回化学反応討論会において、当研究室の口頭発表が1件ありました。

Date: 2021年6月2日(水)-4日(金)
Place: オンラインおよび東京大学本郷キャンパス

発表内容

  • ○Hiroki Uratani, Toshiki Morioka, Takeshi Yoshikawa, Hiromi Nakai, “Large-scale excited-state nonadiabatic molecular dynamics simulations with divide-and-conquer approach”(口頭,2A04,6/3 13:30-13:50).

第23回理論化学討論会において口頭発表(3件)、ポスター発表(3件)を行いました

第23回理論化学討論会において、当研究室の口頭発表が3件、ポスター発表が3件ありました。

Date: 2021年5月13日(木)~5月15日(土)
Place: オンライン

発表内容

  • ○小野純一,中井浩巳,”SARS-CoV-2メインプロテアーゼのプロトン化状態に関する量子分子動力学シミュレーション”(口頭,1L02,5/13 9:20-9:40).
  • ○藤澤遼, 五十幡康弘, 藤波美起登, 清野淳司, 中井浩巳,”k最近傍法とアンサンブル学習を用いた機械学習型電子相関モデルの適用領域判定手法”(ポスター,1P19,5/13 13:10-14:40).
  • ○西村好史,中井浩巳,”富岳での大規模計算に向けた量子分子動力学シミュレーションプログラムDCDFTBMDの高度化”(ポスター,1P20,5/13 13:10-14:40).
  • ○吉川武司,五十幡康弘,中井浩巳,小川賢太郎,坂田健,”スピン反転法に基づく凍結軌道解析を用いたS0/S1円錐交差構造の理論的解明”(ポスター,2P18,5/14 13:10-14:40).
  • ○浦谷浩輝、森岡俊貴、吉川武司、中井浩巳,”分割統治型励起状態計算に基づく非断熱分子動力学法:凝縮系における無輻射失活過程への展開”(口頭,3L18,5/15 16:10-16:30).
  • ○中井 浩巳,西村 好史,吉川 武司,浦谷 浩輝,五十幡 康弘,河本 奈々,稲森 真由,”DCDFTBMDプログラムによる励起状態ダイナミクス研究への展開”(口頭,3L19,5/15 16:30-16:50).
  • 多くの方々より反響をいただきました。
    誠にありがとうございました。

    日本化学会第101春季年会において口頭発表(4件)、ポスター発表(1件)を行いました

    日本化学会第101春季年会において、当研究室の口頭発表が4件、ポスター発表が1件ありました。

    Date: 2021年3月19日(金)~3月22日(月)
    Place: オンライン

    発表内容

    • ○菓子田惇輝, 庄子良晃, 五十幡康弘, 高秀雄, 酒井隼人, 羽曾部卓, 中井浩巳,福島孝典,”新規元素置換ペンタレン誘導体の合成および性質”(口頭B A11-4pm).
    • ○清水伊織, 長門澄香, 藤波美起登, 中井浩巳,”CO2化学吸収法に対するアミン混合溶液の理論設計”(ポスター P01-1am-03).
    • ○藤代天佑, 小野純一, 中井浩巳,”CeO2表面におけるNO-CO反応に対する遷移金属置換効果の理論的解析”(口頭A A07-2am-11).
    • ○中村崇玖, 西村好史, 中井浩巳,”石炭の熱分解過程に対するDC-DFTB-MDシミュレーション”(口頭A A25-3pm-01).
    • ○森岡俊貴, 浦谷浩輝,吉川武司, 中井浩巳,”Spin-flip型密度汎関数強束縛法のダイナミクスシミュレーションへの拡張及び光活性タンパク発色団の光異性化への応用”(口頭A A02-2am-02).

    第34回分子シミュレーション討論会にてポスター発表(4件)を行いました

    第34回分子シミュレーション討論会において、当研究室のポスター発表が4件ありました。

    Date: 2020年12月15日(火)
    Place: オンライン

    口頭発表

    • ○土屋佑太,小野純一,中井浩巳,”難燃性濃厚電解液におけるNaイオン拡散の理論的解析”(225P).
    • ○浦谷浩輝, 森岡俊貴, 吉川武司,中井浩巳,”分割統治型励起状態計算に基づく凝縮系非断熱分子動力学シミュレーション手法の開発と応用”(311P).
    • ○西村好史, 中井浩巳,”分割統治型密度汎関数強束縛分子動力学・メタダイナミクス計算の階層的並列化”(336P).
    • ○小野純一,竹村俊晃,西村好史, 中井浩巳,”分割統治型密度汎関数強束縛メタダイナミクス計算の高効率化とバクテリオロドプシンのプロトン輸送への応用”(339P).

    第43回ケモインフォマティクス討論会にて口頭発表(2件)を行いました

    第43回ケモインフォマティクス討論会において、当研究室の口頭発表が2件ありました。

    Date: 2020年12月9日(水)
    Place: オンライン

    口頭発表

    • ○清野淳司, 中井浩巳,”オンライン機械学習に基づくDFT汎関数構築システムの開発”.
    • ○佐藤稔也,清野淳司,中井浩巳,”量子化学計算による金属錯体における形式酸化数の解釈”.

    中井教授が会長を務める理論化学会のキックオフシンポジウムが行われました

    中井教授が会長を務める理論化学会のキックオフシンポジウムが行われました。

    常時200名以上の参加者があり、オンラインではありますが、大いに盛り上がりました。

    ——————————————————————
    理論化学会キックオフシンポジウム

    日時   令和 2年12月8日(火) 13時 − 16時
    形式   Zoomによるオンライン講演会(リンクとパスワードを送ります)
    参加費  無料

    講演(敬称略)
    13:00 川合眞紀(祝辞)(分子科学研究所 所長・日本化学会前会長)
    13:05 中井浩巳(理論化学会会長)
    13:20 大島康裕(分子科学会会長)
    13:40 高田章 (新化学技術推進協会 コンピュータケミストリ分科会 技術顧問)
    14:00 田中庸裕(触媒学会会長)
    14:20-30 (休憩)
    14:30 田中秀樹(分子シミュレーション学会会長)
    14:50 時任宣博(基礎有機化学会会長)
    15:10 北川宏 (錯体化学会会長)
    15:30 中辻博 (理論化学研究会発起人)
    15:50 細矢治夫(祝辞)(日本コンピュータ化学会会長・理論化学研究会発起人)

    共催  日本化学会、触媒学会、錯体化学会、基礎有機化学会、
        分子科学会、分子シミュレーション学会、日本コンピュータ化学会

    藤波助教が計算科学研究センターワークショップで招待講演を行います

    藤波助教が計算科学研究センター・ナノテクノロジープラットフォーム事業合同ワークショップで招待講演を行います。

    開催日:2021年 1月12日(火) ~13日(水)
    主催:分子科学研究所、計算科学研究センター
    ナノテクノロジープラットフォーム事業
    会場:オンライン開催(Zoom)

    講演者:15:10-15:50 藤波美起登(早稲田大学)
    講演題目:運動エネルギー汎関数の開発、反応予測、反応条件最適化に対する量子化学計算と機械学習の応用
    講演日程:1/13 15:10-15:50

    中井教授が国際会議NHISS 2020で招待講演を行いました

    中井教授が国際会議NHISS 2020で招待講演を行いました。

    日程: 2020年11月23日(月)-26日(木)
    会場: オンライン

    講演者:Hiromi Nakai, Yoshifumi Nishimura
    講演題目:Divide-and-conquer density functional tight-binding program for huge-system quantum mechanical molecular dynamics simulations: DCDFTBMD
    講演日程:11/25 11:00 – 11:30 (20:00 – 20:30 GMT+09:00)

    Speakers
    Program

    日本コンピュータ化学会2020年秋季年会にて口頭発表(2件)を行いました

    日本コンピュータ化学会2020年秋季年会において、当研究室の口頭発表が2件ありました。

    Date: 2020年11月6日(金)-8日(日)
    Place: オンライン

    口頭発表

    • 高梨倫哉, 吉川武司, 中井浩巳,”分割統治型ユニタリー変換結合クラスター(DC-UCC)計算のための量子アルゴリズムの開発”.
    • 髙島千波,清野淳司,中井浩巳,”無限次2成分法に基づくPicture Change補正密度汎関数理論のGAMESSへの実装”.