北川宏教授(京大)のグループとの共同研究の成果がプレスリリースされました

北川宏教授(京大)のグループとの共同研究の成果がプレスリリースされました。

リンクナノサイズの空間に閉じ込められた水が示す不思議な性質を実証 -高速で水素イオンを運ぶ水の状態を解明- (京都大学理学部ニュースページ)

報道
京都新聞(2月19日 31面)
日刊工業新聞(2月19日 26面)

論文
“Confined water-mediated high proton conduction in hydrophobic channel of a synthetic nanotube”
Ken-ichi Otake, Kazuya Otsubo, Tokutaro Komatsu, Shun Dekura, Jared M. Taylor, Ryuichi Ikeda, Kunihisa Sugimoto, Akihiko Fujiwara, Chien-Pin Chou, Aditya Wibawa Sakti, Yoshifumi Nishimura, Hiromi Nakai & Hiroshi Kitagawa
Nature Communications volume 11, Article number: 843 (2020)

清野研究員がR&D支援センター講習会で「人工知能(AI)技術と 電子状態情報を用いた化学反応予測および反応条件最適化」の講演を行います

清野研究員がR&D支援センター講習会で「人工知能(AI)技術と電子状態情報を用いた化学反応予測および反応条件最適化」の講義を担当します。

日程:2019年1月28日(火)
場所:商工情報センター(カメリアプラザ)9F 会議室
主催:R&D支援センター

ペロブスカイト太陽電池におけるポーラロン形成の論文がPCCP 2019 HOT Articleに選ばれました

ペロブスカイト太陽電池におけるポーラロン形成のDC-DFTB-MDシミュレーションの論文が“PCCP 2019 HOT Article”に選ばれました。

“Quantum mechanical molecular dynamics simulations of polaron formation in methylammonium lead iodide perovskite”
H. Uratani, C-P. Chou, H. Nakai, Phys. Chem. Chem. Phys., 22, 97-106 (2020). (PCCP 2019 HOT Article)

Ubiquitous Protonの解説論文がWIREs Comput. Mol. Sci.のカバーイメージに採用されました

種々の系におけるプロトン移動に対する量子力学的分子動力学シミュレーションを解説した論文がWIREs Comput. Mol. Sci.の“カバーイメージ”に採用されました。

“Recent advances in quantum-mechanical molecular dynamics simulations of proton transfer mechanism in various water-based
environments”

Aditya W. Sakti Yoshifumi Nishimura Hiromi Nakai
WIREs Computational Molecular Science, Volume 10, Issue 1, e1459
First Published: 05 December 2019