研究室紹介


卒業生の進路

複雑な生物活性天然物の効率的かつ精密な全合成を中心とする研究を行った大学院生は、特に製薬企業、化学系企業から求人が多く、本人次第ではあるものの、一般的に就職には困らない状況である。下に示すようにアカデミックポジションを目指す道もある。当然、それ相応の努力を重ねる必要はあるが、是非、自分の研究室を大学に構えてほしい。

教員:
他大学・助教(3名)、高校教員
ポスドク:
The Scripps Research Institute (K.C.Nicolaou)、 Biopolis (Singapore)
製薬:
武田薬品、第一三共、アステラス製薬、エーザイ、田辺三菱製薬、大日本住友製薬、
小野薬品工業、大正製薬、中外製薬、協和醗酵麒麟、シオノギ製薬、帝人ファーマ、寿製薬、
ノバルティスファーマ、興和、明治製菓、味の素製薬、ファイザー製薬、日本新薬、大鵬薬品
化学:
旭化成、住友化学、三菱化学、JX日鉱日石エネルギー、FUJI FILM、宇部興産、SAKATA INK、
東京化成、東洋紡、日立化成、信越化学、AGC旭硝子、東亜合成、呉羽化学、クラレ
官庁:
特許庁、横須賀市役所
copyright