2021



144. o-アミノメチルフェニルボロン酸とD-フルクトースとの反応に関する速度論的研究
○鈴木翔大、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第11回CSJ化学フェスタ2021

143. 高い酸性度のボロン酸を骨格内に有する種々のジボロン酸型比色糖化学センサーの評価
○有村祐美、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第11回CSJ化学フェスタ2021

142. Anthraceneにより架橋されたジボロン酸とD-グルコースの反応に関する速度論的研究と反応活性種の特定
○田中玲衣、鈴木陽太、菅谷知明、岩月聡史、稲毛正彦、石原浩二
第11回CSJ化学フェスタ2021

141. クラウンエーテル配位子を有するシクロメタレート型発光性Ir(III)錯体による金属イオン認識
○今西郁巳、鈴木陽太、廣岡晴嗣、菅谷知明、石原浩二
第11回CSJ化学フェスタ2021

140. o-アミノメチルフェニルボロン酸とD-フルクトースとの反応に関する速度論的研究
○鈴木翔大、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第70回分析化学年会

139. 高い酸性度のボロン酸を骨格内に有する種々のジボロン酸型比色糖化学センサーの評価
○有村祐美、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第70回分析化学年会

138. Anthraceneにより架橋されたジボロン酸とD-グルコースの反応に関する速度論的研究と反応活性種の特定
○田中玲衣、鈴木陽太、菅谷知明、岩月聡史、稲毛正彦、石原浩二
第70回分析化学年会

137. クラウンエーテル配位子を有するシクロメタレート型発光性Ir(III)錯体による金属イオン認識
○今西郁巳、鈴木陽太、廣岡晴嗣、菅谷知明、石原浩二
第70回分析化学年会

2020



136. 三座配位子内にボロン酸ピナコールエステル部位を有するシクロメタレート型白金(II)錯体のフッ化物イオンに対する反応性の評価
○羽生田史弥、鈴木陽太、菅谷智明、石原浩二
第10回CSJ化学フェスタ2020

135. クラウンエーテル配位子を有するシクロメタレート型発光性Ir(III)錯体の金属イオンへの反応性と発光特性の評価
○今西郁巳、廣岡晴嗣、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第10回CSJ化学フェスタ2020

134. ビピリジンオール配位子を有するIr(III)錯体のAl3+に対する反応性へ与えるC^N配位子の影響
○田島佳奈、水野息吹、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第10回CSJ化学フェスタ2020

133. ボロン酸部位を持つIr(III)錯体のD-フルクトースに対する反応性 -発光特性に与えるC^N配位子の効果-
○芝巧規、高田麻里、菅谷知明、石原浩二
第10回CSJ化学フェスタ2020

132. Anthraceneにより架橋されたジボロン酸とD-グルコースの反応に関する速度論的研究
○田中玲衣、菅谷知明、岩月聡史、稲毛正彦、石原浩二
第10回CSJ化学フェスタ2020

131. オルトアゾフェニルボロン酸を用いた有機溶媒中の水分の比色抽出
○新谷佳久、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第10回CSJ化学フェスタ2020

130. o-アゾフェニルホウ素誘導体によるフッ化物イオンのセンシングおよび反応メカニズムの解明
○池田あゆみ、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第10回CSJ化学フェスタ2020

129. 三座配位子内にボロン酸ピナコールエステル部位を有するシクロメタレート型白金(II)錯体のフッ化物イオンに対する反応性の評価
○羽生田史弥、鈴木陽太、菅谷智明、石原浩二
第70回錯体化学討論会

128. クラウンエーテル配位子を有するシクロメタレート型発光性Ir(III)錯体の金属イオンへの反応性と発光特性の評価
○今西郁巳、廣岡晴嗣、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第70回錯体化学討論会

127. ビピリジンオール配位子を有するIr(III)錯体のAl3+に対する反応性へ与えるC^N配位子の影響
○田島佳奈、水野息吹、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第70回錯体化学討論会

126. ボロン酸部位を持つIr(III)錯体のD-フルクトースに対する反応性 -発光特性に与えるC^N配位子の効果-
○芝巧規、高田麻里、菅谷知明、石原浩二
第70回錯体化学討論会

125. Anthraceneにより架橋されたジボロン酸とD-グルコースの反応に関する速度論的研究
○田中玲衣、菅谷知明、岩月聡史、稲毛正彦、石原浩二
第69回分析化学年会

124. オルトアゾフェニルボロン酸を用いた有機溶媒中の水分の比色抽出
○新谷佳久、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第69回分析化学年会

123. o-アゾフェニルホウ素誘導体によるフッ化物イオンのセンシングおよび反応メカニズムの解明
○池田あゆみ、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第69回分析化学年会

122. 高い酸性度のボロン酸を骨格内に有するジボロン酸型比色糖化学センサーの開発
○鈴木陽太、菅原梨沙、菅谷知明、石原浩二
第69回分析化学年会

2019



121. 2,2'-bipyridine-3,3'-diol配位子を有するIr(III)錯体による高選択性Al3+センシング:C^N配位子の影響
○水野息吹、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第9回CSJ化学フェスタ2019

120. 種々のオルトアミノメチルフェニルジボロン酸とD-グルコースの反応機構の解明
〇大野裕樹、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第9回CSJ化学フェスタ2019

119. β-diketonato BF2錯体の発光特性を利用したボロン酸型糖センサーの合成とD-fructose との反応性の評価
○齋藤仁美、菅谷知明、岩月聡史、稲毛正彦、高木秀夫、石原浩二
第9回CSJ化学フェスタ2019

118. o-アゾフェニルホウ素化合物によるフッ化物イオンの比色検出
○池田あゆみ、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第9回CSJ化学フェスタ2019

117. ビピリジンオール配位子を有するd6金属錯体のAl3+に対する反応性と発光特性の評価
○田島佳奈、水野息吹、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第9回CSJ化学フェスタ2019

116. ボロン酸部位を有するIrIII錯体の合成とその発光に及ぼすC^N配位子の効果およびpH依存性
○芝巧規、高田麻里、菅谷知明、石原浩二
第9回CSJ化学フェスタ2019

115. Highly selective alminum ion sensing with iridium(III) compelexes bearing 2,2'-bipyridine-3,3'-diol : the effect of C^N ligands on the sensing
○Ibuki Mizuno, Yota Suzuki, Tomoaki Sugaya, Koji Ishihara
第69回錯体化学討論会

114. β-diketonato BF2錯体の発光特性を利用したボロン酸型糖センサーの合成とD-fructose との反応性の評価
○齋藤仁美、菅谷知明、岩月聡史、稲毛正彦、高木秀夫、石原浩二
第69回錯体化学討論会

113. ビピリジンオール配位子を有する金属錯体のAl3+に対する反応性と発光特性の評価
○田島佳奈、水野息吹、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第69回錯体化学討論会

112. ボロン酸部位を有するIr(III)錯体の合成とその発光に及ぼすC^N配位子の効果およびpH依存性
○芝巧規、高田麻里、菅谷知明、石原浩二
第69回錯体化学討論会

111. 種々のo-アゾフェニルホウ素化合物によるフッ化物イオンのセンシング
○池田あゆみ、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第79回分析化学討論会

110. アゾフェニルボロン酸型糖センサーの糖類に対する反応性と反応に伴う色調変化の検討
○鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第79回分析化学討論会

2018



109. Relative kinetic reactivity of boronic acid and boronate ion can be reversed?
〇Daisuke Kusuyama, Yota Suzuki, Tomoaki Sugaya, Koji Ishihara
Joint Conference of EMLG/JMLG Meeting 2018 and 41st Symposium on Solusion Chemistry of Japan

108. Solution chemistry of the reaction of chlorogenic acid with Al (Ⅲ) ion
〇Taichi Kitazawa,Tomoaki Sugaya, Chihiro Takeda, Satoshi Tachiyashiki, Koji Ishihara
Joint Conference of EMLG/JMLG Meeting 2018 and 41st Symposium on Solusion Chemistry of Japan

107. フェニルボロン酸とD-グルコースの反応機構の解明
〇大野裕樹、菅谷知明、石原浩二
第8回CSJ化学フェスタ

106. ボロン酸とボロン酸イオンの反応機構の相違の検討
○下島健、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第8回CSJ化学フェスタ

105. 速度論的解析による4-ピリジルボロン酸とD-ソルビトールの反応機構の解明
〇楠山大輔、菅谷知明、石原浩二
第8回CSJ化学フェスタ

104. ボロン酸ピナコールエステル部位を有する発光性Ir(III)錯体の合成及びフッ化物イオンとの反応性の評価
○谷岡謙、鈴木陽太、菅谷智明、石原浩二
第8回CSJ化学フェスタ

103. ボロン酸部位を有するβ-diketonatoBF2錯体の合成とD-fructose との反応性の評価
○齋藤仁美、菅谷知明、岩月聡史、稲毛正彦、高木秀夫、石原浩二
第8回CSJ化学フェスタ

102. Alizarin Red Sとベンゾオキサボロールの反応機構の再検討
○北沢泰地、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第8回CSJ化学フェスタ

101. ビピリジンジオール配位子を有する発光性Ir(III)錯体によるアルミニウムイオンの検出
○水野息吹、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第8回CSJ化学フェスタ

100. 発光性Ir(III)錯体によるAl3+の2,2’-ビピリジン-3,3’-ジオール配位子を有する選択的定量
○鈴木陽太、水野息吹、田部井唯、藤岡侑里、菅谷知明、石原浩二
日本分析化学会第67年会

99. ボロン酸部位を有するβ-diketonatoBF2錯体の合成とD-fructose との反応性の評価
○齋藤仁美、菅谷智明、岩月聡史、稲毛正彦、高木秀夫、石原浩二
第68回錯体化学討論会

98. ビピリジンオール配位子を有するイリジウム(III)錯体を用いた発光分析によるアルミニウムイオンの検出
○水野息吹、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
第68回錯体化学討論会

97. ボロンピナコールエステル基を有する発光性Ir(III)錯体の合成及びフッ化物イオンとの反応性の評価
○谷岡謙、鈴木陽太、菅谷智明、石原浩二
第68回錯体化学討論会

96. オルト-アゾフェニルボロン酸型糖類センサーの色調制御
○鈴木陽太、石原浩二
第78回分析化学討論会

2017



95. 4-ピリジルボロン酸誘導体とD-ソルビトールの反応機構の解明および緩衝剤の及ぼす影響の検討
〇楠山大輔、菅谷知明、岩月聡史、石原浩二
第7回CSJ化学フェスタ2017

94.D-ソルビトールとの反応におけるオルト(フェニルアミノ)メチルフェニルボロン酸 の緩衝剤との相互作用
○林祥太郎 , 菅谷知明 , 岩月聡史 , 稲毛正彦 , 高木秀夫 , 石原浩二
第40回溶液化学シンポジウム

93.アントラセンにより架橋されたbis-3-ピリジルボロン酸とD-グルコースとの反応に関する速度論的研究
○松尾圭悟、菅谷知明、石原浩二
第7回 CSJ化学フェスタ

92.[3,5-di(2-pyridinyl)phenyl]boronic acidを有するイリジウム(III)錯体の合成およびD-fructoseへの反応性の評価
○金丸知史、菅谷知明、石原浩二
第67回錯体化学討論会

91. ビピリジルボロン酸を配位子とした発光性Ru(II)錯体の糖類に対する定量性の評価:ボロン酸位置依存性
○若林寛之、寒川雄太、菅谷知明、岩月聡史、稲毛正彦、高木秀夫、小谷明、石原浩二
第67回錯体化学討論会

90.4-ピリジルボロン酸誘導体とD-ソルビトールの 反応機構の解明および緩衝剤の及ぼす影響の検討
〇楠山大輔、菅谷知明、岩月聡史、石原浩二
日本分析化学会第66年会

89.アントラセンにより架橋されたbis-3-ピリジルボロン酸とD-グルコースの反応に関する速度論的研
◯松尾圭悟、菅谷知明、石原浩二
日本分析化学会第66年会

88.ボロン酸とボロン酸イオンの反応機構の相違の検討
○下島健、鈴木陽太、菅谷知明、石原浩二
日本分析化学会第66年会

87. 糖類の定量を指向したシクロメタレート型白金(II)錯体[Pt(C^N)(acac)]の合成:発光特性と配位子の置換基との相関
〇福田桂都・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
日本化学会第97春季年会(2017)

86. 5-ピリミジニルボロン酸の糖との反応の速度論的解析
○渡邉大祐、菅谷知明、岩月聡史、石原浩二
日本化学会第97春季年会(2017)

2016



85.フェニルビピリジンおよびピリジルボロン酸を有する白金(II)錯体の合成と糖類への反応性の評価
金丸知史、毛利彰吾、菅谷知明、石原浩二
錯体化学会 第66回討論会(福岡)

84.糖類の定量を目的としたビピリジルボロン酸を有するルテニウム(II)錯体の合成と糖類との反応性の評価
若林 寛之、寒川 雄太、菅谷 知明、石原 浩二
錯体化学会 第66回討論会(福岡)

83.ボロン酸部位を有するシクロメタレート型白金(II)錯体によるD-Fructoseの定量:配位子構造依存性の検討
福田桂都、菅谷知明、岩月聡史、稲毛正彦、高木秀夫、小谷明、石原浩二
錯体化学会 第66回討論会(福岡)

82.種々のフェニルピリジン誘導体を有するIr(III)ビピリジンジオール錯体の発光及び反応
鈴木 陽太、田部井 唯、菅谷 知明、石原 浩二
錯体化学会 第66回討論会(福岡)

81.カテコール部位を有するβ-ジケトナトホウ素錯体の合成およびホウ酸に対する反応性の評価
祖父江ゆき香,菅谷知明,岩月聡史,稲毛正彦,高木秀夫,小谷明,石原浩二
錯体化学会 第66回討論会(福岡)

80.ビピリジン配位子上にボロン酸基を有する発光性イリジウム(III)錯体の合成及びフッ化物イオンとの反応性の評価
高田麻里、菅谷知明、岩月聡史、稲毛正彦、高木秀夫、小谷明、石原浩二
錯体化学会 第66回討論会(福岡)

79.緩衝剤CHESが及ぼすボロン酸とD-ソルビトールの反応促進効果
増子 裕太, 鈴木 陽太, 菅谷 知明, 岩月 聡史, 稲毛 正彦, 高木 秀夫, 小谷 明, 石原 浩二
分析化学会 第65年会(札幌)

78.オルトアミノメチルフェニルボロン酸とD-ソルビトールの反応及び反応に及ぼす緩衝剤の効果
林祥太郎、田中康揮、菅谷知明、岩月聡史、稲毛正彦、高木秀夫、小谷明、石原浩二
分析化学会 第65年会(札幌)

77. フェニルボロン酸センサーによるD-fructoseのセンシングのメカニズム
鈴木 陽太、菅谷 知明、岩月 聡史、稲毛 正彦、高木 秀夫、小谷 明、石原 浩二
分析化学会 第65年会(札幌)

2015

76.ピバリン酸アミド四架橋白金(III)二核錯体とp-styrenesulfonateとの反応に関する速度論的研究
亀崎悠・山根翔・菅谷知明・石原浩二・松本和子
錯体化学会 第65回討論会(奈良)

75. 2,2'-bipyridine-3,3'-diolを有する白金(II)錯体の合成およびホウ酸との反応性の評価
寒川雄太・顧憶晴・菅谷知明・石原浩二
錯体化学会 第65回討論会(奈良)

74. フェナントロリンジオールを有する発光性Ir(III)錯体の合成とホウ酸のセンシング
田部井唯・藤岡侑里・菅谷知明・石原浩二
錯体化学会 第65回討論会(奈良)

73. ボロン酸部位を有する発光性Ir(III)錯体の合成及びD-fructoseに対するセンシング性の評価
高田麻里・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
錯体化学会 第65回討論会(奈良)

72. ボロン酸配位子を有するシクロメタレート型白金(II)錯体の合成とフルクトースに対する反応性の評価
福田桂都・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
錯体化学会 第65回討論会(奈良)

71. ジフェニルボリン酸とD-fructoseの反応に関する速度論的研究
祖父江ゆき香・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
錯体化学会 第65回討論会(奈良)

70. ボロン酸(RB(OH)2)とボロン酸イオン(RB(OH)3-)の反応性の逆転はあるのか -ボロン酸の酸性度と反応速度の相関に着目した反応速度論的研究-
鈴木陽太・松川大地・菅谷知明・石原浩二
分析化学会 第64年会(福岡)

2014



69. ジオール部位を有する発光性Ir(III)錯体の合成とホウ酸との反応
田部井唯・藤岡侑里・菅谷知明・石原浩二
錯体化学若手の会夏の学校2014(千葉、白子)、平成26年8月1日発表。

68. ボロン酸とD-ソルビトールとの錯形成反応機構
田中康揮・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
錯体化学若手の会夏の学校2014(千葉、白子)、平成26年8月1日発表。

67. 配位平面に臭化物イオンを有するピバリン酸アミド架橋白金(III)二核錯体の反応性
亀崎悠・寺田高朗・戸田淳也・中村亮太・野口真良・岩月聡史・菅谷知明・石原浩二・松本和子
錯体化学若手の会夏の学校2014(千葉、白子)、平成26年8月1日発表。

66. ジオール部位を有する白金(IV)錯体の合成とその発光特性を利用したホウ酸との反応
寒川雄太・顧憶晴・菅谷知明・石原浩二
錯体化学若手の会夏の学校2014(千葉、白子)、平成26年8月1日発表。

65. 配位平面にハロゲン化物イオンを有するピバリン酸アミド架橋白金(III)二核錯体のハロゲン化物イオンおよびオレフィンによる軸位配位子置換反応
亀崎悠・寺田高朗・戸田淳也・中村亮太・野口真良・岩月聡史・菅谷知明・石原浩二・松本和子
錯体化学会第64回討論会(中央大)、平成26年9月18日発表。

64. N-メチルピリジルボロン酸のD-ソルビトールとの錯形成反応機構
田中康揮・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
錯体化学会第64回討論会(中央大)、平成26年9月18日発表。

63. ジオール部位を有する白金(IV)錯体の合成とその発光特性を利用したホウ酸との反応
寒川雄太・顧憶晴・菅谷知明・石原浩二
錯体化学会第64回討論会(中央大)、平成26年9月18日発表。

62. ピリジン-2-アルドキシムを配位子とする亜鉛(II)錯体の結晶構造とその発光特性を利用したホウ素の定量
田中俊充・菅谷知明・石原浩二・田中章太郎・岩月聡史
錯体化学会第64回討論会(中央大)、平成26年9月18日発表。

61. ジオール部位を有する発光性Ir(III)錯体の合成とホウ酸との反応
田部井唯・藤岡侑里・菅谷知明・石原浩二
錯体化学会第64回討論会(中央大)、平成26年9月19日発表。

60. ジオール部位を有する発光性Ir(III)錯体の合成とホウ酸との反応
田部井唯・藤岡侑里・菅谷知明・石原浩二
第4回CSJ化学フェスタ2014(東京、船堀)、平成26年10月15日発表。

59. 配位平面にハロゲン化物イオンを有するピバリン酸アミド架橋白金(III)二錯体とハロゲン化物イオンおよびオレフィンとの反応の速度論的研究, P5-023
亀崎悠・寺田高朗・戸田淳也・中村亮太・野口真良・岩月聡史・菅谷知明・石原浩二・松本和子
第4回CSJ化学フェスタ2014(東京、船堀)、平成26年10月15日発表。

58. ジオール部位を有する白金(IV)錯体の合成とその発光特性を利用したホウ酸との反応
寒川雄太・顧憶晴・菅谷知明・石原浩二
第4回CSJ化学フェスタ2014(東京、船堀)、平成26年10月16日発表。

57. ボロン酸とD-ソルビトールの反応に対する緩衝剤の影響
田中康揮・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
第4回CSJ化学フェスタ2014(東京、船堀)、平成26年10月16日発表。

56. 反応促進効果を有するフェニルボロン酸誘導体とAlizarin Red Sとの反応に関する速度論的研究
田中康揮・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
第37回溶液化学シンポジウム(佐賀)、平成26年11月13日発表。

55. 4-ピリジルボロン酸のD-ソルビトールに対する反応性に関する速度論的研究
寒川雄太・田中康揮・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
第37回溶液化学シンポジウム(佐賀)、平成26年11月12日発表。

54. 4-ピリジルボロン酸のD-フルクトースに対する反応性に関する速度論的研究
田部井唯・須賀昭房・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
第37回溶液化学シンポジウム(佐賀)、平成26年11月13日発表。

53. 配位平面に塩化物イオンを有するピバリン酸アミド架橋白金(III)二核錯体とオレフィンとの反応に関する速度論的研究
亀崎悠・戸田淳也・岩月聡史・菅谷知明・石原浩二・松本和子
第37回溶液化学シンポジウム(佐賀)、平成26年11月12日発表。

2013

52. “Reduction Reaction of Copper(II) Complex Bearing 1,3-Di(pyridine-2- carboxaldimino)-propane (pitn) by Decamethylferrocene in Acetonitrile”
A. Yamada, Y. Watanabe, K. Noda, S. Itoh, N. Kishikawa, K. Ishihara, M. Inamo, R. M. Hassan, H. D. Takagi
33rd International Conference on Solution Chemistry, July 9, 2013, Kyoto.

51. “Reaction Mechanism of Head-to-Head Pivalamidato-Bridged Pt(III) Binuclear Complex having Equatorial Bromide Ligand with Acetone”
Masatoshi Kishi, Yu Kuraishi, Koji Ishihara, Kazuko Matsumoto
33rd International Conference on Solution Chemistry, July 9, 2013, Kyoto.

50. “Synthesis, Crystal Structures and Ligand Field Properties of Iron(II) Complexes with PNP Ligands: Origin of Large Ligand Field by Phosphorus Donor Atom”
T. Mabe, H. Yamaguchi, M. Fujiki, K. Noda, K. Ishihara, M. Inamo, R. M. Hassan, S. Iwatsuki, T. Suzuki, H. D. Takagi
33rd International Conference on Solution Chemistry, July 9, 2013, Kyoto.

49. “Relative Kinetic Reactivity of Boronic Acid and Boronate Ion Towards 1,2-Diol”
A. Tanaka, T. Okamoto, T. Miyazaki, S. Iwatsuki, M. Inamo, H. D. Takagi, Koji Ishihara
33rd International Conference on Solution Chemistry, July 9, 2013, Kyoto.

48. ボロン酸−ジオール錯体の酸性度
振角祐希・長畠友美・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・石原浩二
第62回日本分析化学会年会(近畿大)、2013年9月12日発表。

47. フェニルボロン酸誘導体の単糖類に対する反応性に関する速度論的研究
岡本拓也・田中亜純・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
第36回溶液化学シンポジウム(北海道大) 2013年10月9日発表。

46. benzoxaboroleとD-ソルビトールの反応に関する速度論的研究
田中康揮・田口隆志・岡本拓也・田中亜純・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
第36回溶液化学シンポジウム(北海道大)、 2013年10月10日発表。

45. ボロン酸とD-ソルビトールの反応に関する速度論的研究
田中康揮・岡本拓也・田中亜純・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
第3回CSJ化学フェスタ2013(東京、船堀)、2013年10月22日発表。

44. ボロン酸による糖類のセンシングメカニズムに関する速度論的研究
岡本拓也・田中亜純・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
第3回CSJ化学フェスタ2013(東京、船堀)、2013年10月22日発表。

43. ボロン酸のMethyl α-D-glucopyranosideとの錯形成反応機構
岡本拓也・田中亜純・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
第63回錯体化学討論会(琉球大)、2013年11月3日発表。

42. 軸位にBr-を有するHH型-ピバリン酸アミド架橋白金(III)二核錯体とp-styrenesulfonate との反応に関する速度論的研究
寺田高朗・亀崎悠・岸雅敏・石原浩二・松本和子
第63回錯体化学討論会(琉球大)、2013年11月3日発表。

41. 3-ピリジルボロン酸のD -ソルビトールとの錯形成反応機構
田中康揮・菅谷知明・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
第63回錯体化学討論会(琉球大)、2013年11月3日発表。

40. 軸位にCl-を有するHH型-ピバリン酸アミド架橋白金(III)二核錯体とp-styrenesulfonateとの反応に関する速度論的研究
亀崎悠・寺田高朗・岸雅敏・菅谷知明・石原浩二・松本和子
日本化学会第94春季年会(2014)、2014年3月28日発表。

2012

39. “Fundamental Properties of N-Substituted Pyridinium Boronic Acids with Strong Acidity”
Satoshi Iwatsuki, Yusuke Asahori, Ami Onishi, Hidetaka Ohara, Yuki Kanamitsu, Eisuke Watanabe, Koji Ishihara
40thICCC, Sept. 9-12, Valencia, Spain

38. 8-ジフェニルホスフィノキノリンの配位したマンガン(I)および鉄(II)錯体の合成と構造
間部拓哉・鈴木孝義・稲毛正彦・石原浩二・高木秀夫
第62回錯体化学討論会(富山大)、平成24年9月21日発表。

37. 中性pH条件下における4-(N-メチル)ピリジニウムボロン酸とD-フルクトースとの錯形成反応機構
浅堀悠介・大原秀隆・金光優希・石原浩二・岩月聡史
第62回錯体化学討論会(富山大)、平成24年9月22日発表。

36. 2,1-Benzoxaboroleと単糖類との錯形成反応機構
田中亜純・清水美佳・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・石原浩二
第62回錯体化学討論会(富山大)、平成24年9月21日発表。

35. HH型-ピバリン酸アミド架橋2-ヒドロキシフェニル白金(III)二核錯体の生成反応機構
寺田高朗・岸雅敏・石原浩二・松本和子
第62回錯体化学討論会(富山大)、平成24年9月22日発表。

34. N-メチルピリジルボロン酸のD-フルクトースに対する反応性に関する速度論的研究
田中亜純・井内亨・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
日本分析化学会第61年会(金沢大)、平成24年9月19日発表。

33. フェニルボロン酸のD-ソルビトールに対する反応性に関する速度論的研究
岡本拓也・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
日本分析化学会第61年会(金沢大)、平成24年9月20日発表。

32. 3-ピリジルボロン酸のD-フルクトースに対する反応性に関する速度論的研究
田中亜純・須賀昭房・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・小谷明・石原浩二
第35回溶液化学シンポジウム(早稲田大)、平成24年11月12日発表。

31. 配位平面にBr–を有するピバリン酸アミド架橋白金二核錯体とアセトンとの反応に関する速度論的研究
岸雅敏・倉石祐・松本和子・石原浩二
第35回溶液化学シンポジウム(早稲田大)、平成24年11月13日発表。

2011

30. フェニルボロン酸のD-フルクトースに対する反応性に関する速度論的研究
田中亜純・佐藤祐太郎・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・石原浩二
日本分析化学会第60年会(名古屋大)、平成23年9月14日発表。

29. ピリジン窒素上に置換基を導入したピリジニウムボロン酸の酸解離特性と糖類との錯形成反応
大原秀隆・金光優希・檀上博史・茶山健二・石原浩二・岩月聡史
日本分析化学会第60年会(名古屋大)、平成23年9月14日発表。

28. α-ピロリドン架橋およびα-ピリドン架橋HH型白金(III)二核錯体とフェノールとの反応の反応機構
岸雅敏・福島博之・石原浩二・松本和子
第61回錯体化学討論会(岡山理科大)、平成23年9月18日発表。

27. 配位平面にアンミンおよびエチレンジアミンを有するα-ピリドン架橋白金(III)二核錯体のp-styrenesulfonateとの反応
小島香・楠原慎太郎・石原浩二・松本和子
第61回錯体化学討論会(岡山理科大)、平成23年9月18日発表。

26. 3-トリフルオロメチルフェニルボロン酸とD -フルクトースの反応性に関する速度論的研究
田中亜純・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・石原浩二
第34回溶液化学シンポジウム(名古屋大)、平成23年11月16日発表。

25. ピリジルボロン酸誘導体とヒノキチオールとの錯形成反応の速度論的研究
岩月聡史・大原秀隆・金光優希・渡邉永祐・檀上博史・石原浩二
第34回溶液化学シンポジウム(名古屋大)、平成23年11月16日発表。

2010

24. Mechanism for the reaction of Head-to-Head pivalamidato-bridged cis-diammine- platinum(III) binuclear complex with isoprene
Koji Ishihara, Jun Nagashima, Satoshi Iwatsuki, Kazuko Matsumoto
39 International Conference on Coordination Chemistry (ICCC39), Adelaide, July 27, 2010

23. Gated electron transfer reactions of [Cu[12]aneS4]2+/+ couples: Re-examination in acetonitrile
Hideo D. Takagi, Takayoshi Suzuki, Koji Ishihara
39 International Conference on Coordination Chemistry (ICCC39), Adelaide, July 29, 2010

22. 3-ピリジルボロン酸誘導体の酸解離特性と糖類との錯形成反応
金光優希・茶山健二・石原浩二・岩月聡史
日本分析化学会第59年会(東北大)、2010年9月15日発表。

21. Optical sensing of boron using metal complexes with 3,3'-dihydroxy-2,2'-bipyridine and 5,6- dihydroxy-1,10-phenanthroline
S. Iwatsuki, K. Chayama, M. Inamo, H. D. Takagi and K. Ishihara
PACIFICHEM 2010, Honlulu, December, 2010

20. 配位平面にN,N'-dimethylethylenediamineを有するα-ピリドン架橋白金(III)二核錯体のハロゲン化物イオンによる軸位配位子置換反応
小島香・楠原慎太郎・石原浩二・松本和子   
第33回溶液化学シンポジウム(京都大)、平成22年11月16日発表。

19. α-ピリドン架橋HH 型白金(III)二核錯体とフェノールとの反応に関する速度論的研究   
福島博之・兵頭俊太郎・岩月聡史・石原浩二・松本和子   
第33回溶液化学シンポジウム(京都大)、平成22年11月17日発表。

18. 配位平面にハロゲン化物イオンを有するアミド架橋白金(III)二核錯体の反応性
戸田淳也・石原浩二・松本和子 
第33回溶液化学シンポジウム(京都大)、平成22年11月17日発表。

17. ピリジルボロン酸白金(II)錯体による糖類の定量   
宮本有里沙・岩月聡史・石原浩二   
第33回溶液化学シンポジウム(京都大)、平成22年11月16日発表。

2009

16. フェニルボロン酸のマンデル酸および乳酸に対する反応性   
渡邉永祐・藤井純子・岩月聡史・石原浩二   
日本化学会第3回関東支部大会(早稲田大)、平成21年9月4日発表。

15. アミド架橋白金(III)アセトニル錯体の生成反応機構   
福島博之・森拓己・有銘盛辰・岩月聡史・石原浩二・松本和子   
日本化学会第3回関東支部大会(早稲田大)、平成21年9月4日発表。

14. 配位平面にアンミンおよびエチレンジアミン配位子を持つα-ピリドン架橋白金(III)二核錯体のハロゲン化物イオンによる軸位配位子置換反応   
小島香・楠原慎太郎・石原浩二・松本和子   
第59回錯体化学討論会(長崎大)、 平成21年9月25日発表。

13. α-ピリドン架橋白金(II)二核錯体の異性化反応と分解反応の反応機構   
山嶋耕平・伊藤悠軌・荒井慎太郎・岩月聡史・石原浩二・松本和子   
第32回溶液化学シンポジウム(新潟)、 平成21年11月18日発表。

2008

12. 3-ピリジルボロン酸およびホウ酸のカテコール-3,5-ジスルホン酸に対する反応性  
渡邉永祐・宮崎峻弘・岩月聡史・石原浩二  
日本化学会第88春季年会(立教大および立教池袋中学校・高等学校)、平成20年3月28日発表。

11. メタニトロフェニルボロン酸および3-ピリジニウムボロン酸と二座配位子との反応に関する速度論的研究  
渡邉永祐・岩月聡史・石原浩二  
第58回錯体化学討論会(金沢大)、平成20年9月20日発表。

10. エクアトリアル位に非等価なアミン配位子を有するα-ピリドン架橋白金(III)二核錯体の合成とハロゲン化物イオンによる軸位配位子置換反応  
楠原慎太郎・石原浩二・松本和子  
第31回溶液化学シンポジウム(近畿大)、平成20年11月13日発表。

9. 銅錯体が関与するGated Electron Transferの発現機構  
高木秀夫・鈴木孝義・石原浩二・稲毛雅彦  
第31回溶液化学シンポジウム(近畿大)、平成20年11月12日発表。

2007

8. Reaction Mechanism of hte Complexations of Boronic Acids with Diols: Kinetic Evidence for Reactive Boronic Acid even in Alkaline Solution
Satoshi Iwatsuki, Masahiko Inamo, Hideo D. Takagi, and Koji Ishihara
1st Asian Conference on Coordination Chemistry, Okazaki, July 29, 2007

7. MECHANISM OF THE REACTIONS ON THE HEAD-TO-HEAD AND HEAD-TO- TAIL α-PYRIDONATO-BRIDGED cis-DIAMMINEPLATINUM(III) DINUCLEAR COMPLEXES WITH PHENOL
Shuntaro Hyodo, Satoshi Tateoka, Satoshi Iwatsuki, Koji Ishihara, and Kazuko Matsumoto
1st Asian Conference on Coordination Chemistry, Okazaki, July 29, 2007

6. α-ピリドン架橋HT型白金(III)二核錯体とフェノールの酸化還元反応機構の解明  
兵頭俊太郎・岩月聡史・石原浩二・松本和子  
第57回錯体化学討論会(名古屋工業大)、平成19年9月26日発表。

5. メタニトロフェニルボロン酸とエチレングリコールおよびプロピレングリコールとの反応に関する速度論的研究  
宮本智明・鈴木一哲・岩月聡史・稲毛正彦・高木秀夫・石原浩二  
第57回錯体化学討論会(名古屋工業大)、平成19年9月26日発表。

4. 強酸性水溶液中における3-ピリジニウムボロン酸とヒノキチオールとの錯形成反応の速度論的研究  
岩月聡史・石原浩二  
第57回錯体化学討論会(名古屋工業大)、平成19年9月25日発表。

3. Kinetic Study on the Decomposition Reaction of Amidato-Bridged Ethylenediamineplatinum(II) dimers
Yuuki Ito, Shintaro Arai, Satoshi Iwatsuki, Koji Ishihara, and Kazuko Matsumoto
Joint Conference of JMLG/EMLG Meeting 2007 and 30th Symposium on Solution Chemistry of Japan, Fukuoka univ., Nov. 23, 2007

2. Kinetic Study on the Reaction of Pivalamidato-Bridged Pt(II) Binuclear Complex with 2- Methyl-1,3-butadiene
Jun Nagashima, Koji Ishihara, and Kazuko Matsumoto
Joint Conference of JMLG/EMLG Meeting 2007 and 30th Symposium on Solution Chemistry of Japan, Fukuoka univ., Nov. 23, 2007

1. Slow Change in the Orientation of the Component Ions of Molecular Liquids as Observed by the Retardation of Simple Isomerization Processes
Kyoko Noda, Hiroshi Yamaguchi, Ryohei Yamane, Yasuhisa Ikeda, Koji Ishihara, Masahiko Inamo, Tsutomu Asano, and Hideo D. Takagi
Joint Conference of JMLG/EMLG Meeting 2007 and 30th Symposium on Solution Chemistry of Japan, Fukuoka univ., Nov. 24, 2007
ページのトップへ戻る