第55回 日本生物物理学会年会(熊本)にて、ポスター発表(2件)を行いました

第55回 日本生物物理学会年会において、当研究室関連の発表が2件ありました。

日程:2017年9月19日(火)~ 21日(木)
場所:熊本大学 黒髪北地区
主催: 日本生物物理学会

ポスター発表

  • 今井みの莉,小野純一,西村好史,中井浩巳, "DC-DFTB-MD simulations of bacteriorhodopsin: Proton dynamics along the photocycle", 1Pos055, 2017/9/19 16:30-17:30.
  • 小野純一,今井みの莉,西村好史,中井浩巳, "DC-DFTB-MD simulations of bacteriorhodopsin: Delocalization dynamics of an excess proton in proton releasing group", 1Pos060, 2017/9/19 17:30-18:30.

清野淳司次席研究員の研究課題がJSTさきがけに採択されました

清野淳司次席研究員の研究課題が、科学技術振興機構(JST)の平成29年度戦略的創造研究推進事業(さきがけ)、研究領域「理論・実験・計算科学とデータ科学が連携融合した先進的マテリアルズインフォマティクスのための技術基盤の構築」に採択されました。

リンク平成29年度 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)新規採択課題・総括総評 (JST内公式)

清野 淳司, 研究課題「量子化学と情報学との融合による次世代密度汎関数理論と均一系触媒における反応予測システムの開発」

第11回分子化学討論会(東北)にて、口頭発表(3件)とポスター発表(6件)を行いました

第11回 分子化学討論会において、当研究室関連の発表が9件ありました。

日程:2017年9月15日(金)~ 18日(月)
場所:東北大学 川内北キャンパス
主催: 分子化学討論会

口頭発表

  • 大山拓郎, 速水雅生, 五十幡康弘, 清野淳司, 中井浩巳, "局所ユニタリー変換を用いた効率的な2成分相対論的密度汎関数理論の開発", 1F05, 2017/9/15 10:12-10:30.
  • 吉川武司, 中井浩巳, "分割統治法に基づく有限温度結合クラスター理論の開発", 1F16, 2017/9/15 16:30-16:48.
  • 小野純一, 今井みの莉, 西村好史, 中井浩巳, "DC-DFTB-MD法によるバクテリオロドプシンのプロトンダイナミクスに関する理論的研究", 2D16, 2017/9/16 16:30-16:48.
  • ポスター発表

    • 平賀健太, 五十幡康弘, 中井浩巳, "非共線的な交換相関項を用いた2成分時間依存密度汎関数理論の開発", 1P079, 2017/9/15 13:10-14:50.
    • 長門澄香, 清野淳司, 佐藤裕, 中井浩巳, "群知能を用いたアミン-CO2系吸収反応に対する反応シミュレータの開発", 1P091, 2017/9/15 13:10-14:50.
    • Chien-Pin Chou, Hiromi Nakai, "Refinement of DFTB Parameterization for Metal-Organic Frameworks", 1P105, 2017/9/15 13:10-14:50.
    • 河本奈々, 吉川武司, 小野純一, 中井浩巳, "大規模励起状態ダイナミクスのための分割統治型時間依存密度汎関数強束縛法の開発とその応用", 1P110, 2017/9/15 13:10-14:50.
    • 樽見望都, 中井浩巳, "剛体近似を用いた調和溶媒和モデル(HSM)法の開発", 2P092, 2017/9/16 13:10-14:50.
    • 平井 貴裕, 石川 敦之, 大越 昌樹, 中井 浩巳, "Rh触媒によるNO還元反応の被覆率・温度依存性に関する理論的研究", 3P103, 2017/9/17 13:10-14:50.

    中井教授が日本化学会関東支部講演会「マテリアルズ・インフォマティクスとAIを用いたものづくり」にて招待講演を行います

    中井教授が日本化学会関東支部講演会「マテリアルズ・インフォマティクスとAIを用いたものづくり」 にて招待講演を行います。

    日程:2017年9月29日(金)
    場所:化学会館7階ホール

    招待講演

    • 中井浩巳,"インフォマティクスとの融合による理論化学研究の推進",2017/9/29 10:55-11:45.

    第13回進化計算学会研究会(滋賀)にて、ポスター発表(2件)を行いました

    第13回 進化計算学会研究会において、当研究室関連の発表が2件ありました。

    日程:2017年9月1日(金)~ 2日(土)
    場所:立命館大学(びわこ・くさつキャンパス)エポック立命21 K309
    主催: 進化計算学会

    ポスター発表

    • 橳嶋拓朗,五十幡康弘, 清野淳司, 中井浩巳, "ABCアルゴリズムを用いた密度汎関数理論におけるパラメータ最適化", P1-9, 2017/9/1 14:00-16:00.
    • 長門澄香、清野淳司、中井浩巳, "人工蜂コロニーアルゴリズムを用いたアミン‐CO2吸収反応に関する化学種濃度の予測", P2-6, 2017/9/2 10:00-12:00.