16th international congress of quantum chemistry (16-ICQC)(フランス)にて、招待講演(1件)とポスター発表(2件)を行いました

16th international congress of quantum chemistry (16-ICQC)において、当研究室関連の発表が3件ありました。

日程:2018年6月18日(月)~23日(木)
場所:'le Palais de l'Europe' in the town of Menton, France

    招待講演

  • Hiromi Nakai, "What is the Best Choice of Embedding-Fragmentation Scheme for Practical Quantum Chemical Simulation?", L44, 2018/6/23 10:45-11:15.
  • ポスター発表

  • Yasuhiro Ikabata, Takuro Oyama, Masao Hayami, Junji Seino, Hiromi Nakai, "Development of picture-change corrected relativistic density functional theory", A124, 2018/6/19 18:00-22:00.
  • Takeshi Yoshikawa, Hiromi Nakai, "Divide-and-conquer-based higher-order electron-correlation methods", B164, 2018/6/20 18:00-22:00.

中井教授が東工大化学生命科学研究所にて、招待講演を行いました

中井教授が東工大化学生命科学研究所にて招待講演を行いました。

日程:2018年6月12日(火) 14:30-16:00
場所:東京工業大学 すずかけ台キャンパス フロンティア研究棟 第1・2会議室 (S2棟2F)
主催:東京工業大学 化学生命科学研究所 山元・今岡研究室

http://www.res.titech.ac.jp/news/poster20180612yi.pdf

招待講演

中井浩巳, 「大規模化学反応シミュレーション手法の実現に向けて
~分割統治型密度汎関数強束縛分子動力学(DC-DFTB-MD)法の開発と応用~」