GAMESSに当研究室で開発されたLUT-IOTC法が実装・公開されました

2016年版GAMESSに当研究室で開発されたLUT-IOTC法が実装・公開されました。
マニュアルGAMESS Input Description
リンクChange Histroy of GAMESS (GAMESS内更新情報)

関連論文

"Local unitary transformation method for large-scale two-component relativistic calculations: Case for a one-electron Dirac Hamiltonian"
J. Seino and H. Nakai, J. Chem. Phys., 136, 244102 (2012).

"Analytical energy gradient based on spin-free infinite-order Douglas-Kroll-Hess method with local unitary transformation"
Y. Nakajima, J. Seino, and H. Nakai, J. Chem. Phys., 139, 244107 (2013).

"Implementation of Efficient Two-component Relativistic Method Using Local Unitary Transformation to GAMESS Program"
Y. Nakajima, J. Seino, M. W. Schmidt, and H. Nakai, J. Comput. Chem. Jpn., 15, 68 (2016).

第6回CSJ化学フェスタ2016において平井 貴裕 (M1) 、藤波 美起登 (M1) が優秀ポスター発表賞を受賞しました

第6回CSJ化学フェスタ2016において平井 貴裕 (M1) 、藤波 美起登 (M1) が優秀ポスター発表賞を受賞しました。

リンク第6回CSJ化学フェスタ2016 「最優秀ポスター発表賞」、「優秀ポスター発表賞」の表彰 (日本化学会HP内)

優秀ポスター発表賞

平井貴裕, 石川敦之, 中井浩巳,"Rh 表面上での NO 還元反応に対する温度及び圧力効果に関する理論的研究",P6-001.

藤波美起登, 清野淳司, 中井浩巳,"量子化学計算と機械学習を用いた反応予測システムの開発(2):量子化学計算条件に対する依存性",P8-001.

JST-CREST研究『相対論的電子論が拓く革新的機能材料設計(研究代表者:中井浩巳)』に関連する公開シンポジウム「相対論的量子化学の新しい発展:元素戦略の基盤理論の構築と革新的機能材料設計」が北海道大学にて開催されました

JST-CREST研究『相対論的電子論が拓く革新的機能材料設計(研究代表者:中井浩巳)』に関連する公開シンポジウム「相対論的量子化学の新しい発展:元素戦略の基盤理論の構築と革新的機能材料設計」が北海道大学にて開催されました。

日程:2016年12月13日(火)
場所:北海道大学創成科学研究棟