藤波美起登(M1)の日本コンピュータ化学会2016年春季年会(東京)でのポスター発表が日刊工業新聞(2016年7月26日付)で紹介されました

藤波美起登(M1)の日本コンピュータ化学会2016年春季年会(東京)でのポスター発表が日刊工業新聞(2016年7月26日付)で紹介されました。

リンク早大、有機分子の化学反応性を予測するAIシステムを開発 (日刊工業新聞電子版:全文閲覧には会員登録が必要)

発表内容(日本コンピュータ化学会2016年春季年会)

藤波美起登,清野淳司,中井浩巳, "量子化学計算情報を記述子とした機械学習に基づく反応予測手法の開発", 1P12.

中井教授が5つの国際学会で招待講演を行いました

中井教授が5つの国際学会で招待講演を行いました。

  • 2016 International Congress for Innovation in Chemistry (PERCH-CIC Congress IX)
      H. Nakai, "Computational Study on CO2 Chemical Absorption Process", June 27.
  • VISTEC Symposium on Novel Chemistry and Engineering
      H. Nakai, "Chemical Reaction Simulations of Large Systems", June 30.
  • 9th Workshop on Mathematical Methods for Ab Initio Quantum Chemistry
      H. Nakai, "Nuclear Orbital plus Molecular Orbital (NOMO) Theory: Overview and Recent Progress", July 5.
  • 2016 Canadian Symposium on Theoretical and Computational Chemistry (CSTCC2016)
      H. Nakai, "Harmonic Solvation Model (HSM) to Evaluate Condensed-Phase Thermochemistry by Quantum Chemical Calculation", July 13.
  • 9th Congress of the International Society for Theoretical Chemical Physics(ISTCP-IX)
      H. Nakai, "Linear-Scaling Method for Nonlocal Excited States by Dynamical Polarizability Computations", July 19.