日本コンピュータ化学会2016年春季年会(東京)にて、口頭発表(1件)とポスター発表(2件)を行いました

日本コンピュータ化学会2016年春季年会において、当研究室関連の発表が3件ありました。

日程:2016年6月2日(木)~ 3日(金)
場所:東京工業大学大学院社会理工学研究科棟 大岡山西9号館2階
主催:日本コンピュータ化学会(SCCJ)

口頭発表

  • 中嶋裕也,清野淳司,中井浩巳, "局所ユニタリー変換を用いた効率的な2成分相対論法のGAMESSへの実装", 1O08, 2016/6/2 15:20-15:40.

ポスター発表

  • 藤波美起登,清野淳司,中井浩巳, "量子化学計算情報を記述子とした機械学習に基づく反応予測手法の開発", 1P12, 2016/6/2 13:00-15:00.
  • 若山和史,五十幡康弘,中井浩巳, "局所応答分散力(LRD)法に基づく非経験的分極型力場の開発", 2P01, 2016/6/3 13:30-15:30.