日本化学会第96春季年会(京都)にて、受賞講演(1件)、口頭発表(6件)、ポスター発表(3件)を行いました

日本化学会 第96春季年会において、当研究室関連の発表が10件ありました。

日程:2016年3月24日(木)~27日(日)
場所:同志社大学 京田辺キャンパス
主催:日本化学会

受賞公演

  • 中井浩巳, "周期表を網羅する線形スケーリングな相対論的量子化学の構築", 2B4-14, 2016/3/25 11:10-12:10.

口頭発表

  • 石川敦之, 中井浩巳, "Entropy barrier in potential energy curve: a quantum chemical study", 1B4-37, 2015/3/24 15:00-15:10.
  • 大山拓郎, 五十幡康弘, 中井浩巳, "相対論的密度汎関数理論のための交換相関汎関数", 2B4-05, 2015/3/25 09:40-09:50.
  • 清野淳司, 速水雅生, 中井浩巳, "相対論的量子化学計算の高精度化・高効率化を目指した群知能によるパラメータ自動最適化手法の開発", 4B4-05, 2015/3/27 09:40-10:00.
  • 吉川武司, 吉原詢也, 中井浩巳, "動的分極率を用いた高速な分割統治型非局所励起状態計算手法の開発", 4B4-08, 2015/3/27 10:10-10:30.
  • 藤波美起登, 清野淳司, 中井浩巳, "量子化学計算と機械学習を利用した有機化学反応予測手法の開発", 4B4-36, 2015/3/27 14:50-15:00.
  • 今井みの莉, 石川敦之, 中井浩巳, "調和溶媒和モデルへの非調和性の導入", 4B4-37, 2015/3/27 15:00-15:10.

ポスター発表

  • 平井貴裕, 石川敦之, 中井浩巳, "周期的境界条件を取り込んだ埋め込みクラスターモデルの開発", 2PC-053, 2015/3/25 15:00-15:45.
  • 平賀健太, 五十幡康弘, 中井浩巳, "2成分相対論に基づく励起状態計算のプログラム実装と応用計算", 2PC-055, 2015/3/25 15:00-15:45.
  • 出牛史子, 石川敦之, 中井浩巳, "NO還元反応におけるRh触媒のサイズ効果に関する理論的研究", 2PC-061, 2015/3/25 15:00-15:45.