関根泰研究室(早稲田大学)との「Ce(111)表面修飾」の共著論文がJCPでハイライトされました

関根泰研究室(早稲田大学)との「Ce(111)表面修飾」の共著論文がJCPのtop materials, surfaces, and interfaces papersとしてハイライトされました。

*2019 Journal Citation Report by Clarivate Analytics (owner of Web of Science)による

“Heteroatom doping effects on interaction of H2O and CeO2 (111) surfaces studied using density functional theory: Key roles of ionic radius and dispersion”
K. Murakami, S. Ogo, A. Ishikawa, Y. Takeno, T. Higo, H. Tsuneki, H. Nakai, Y. Sekine, J. Chem. Phys., 152, 014707-1-7 (2020).

山口潤一郎研究室(早稲田大学)と共同で行った「機械学習による溶媒選択」の論文がBCSJに掲載されました

山口潤一郎研究室(早稲田大学)と共同で行った「機械学習による溶媒選択」の論文がBCSJに掲載されました

“Solvent selection scheme using machine learning based on physi-cochemical description of solvent molecules: Application to cyclic organometallic reaction”
M. Fujinami, H. Maekawara, R. Isshiki, J. Seino, J. Yamaguchi, H. Nakai, Bull. Chem. Soc. Jpn., 93, 841-845 (2020).

大規模系の非断熱励起状態ダイナミクス手法の論文がJ. Chem. Phys.の『マーカス電子移動65周年』特集に出版されました

大規模系の非断熱励起状態ダイナミクス手法(DC-TDDFTB-FSSH)の論文がJ. Chem. Phys.の『マーカス電子移動65周年』特集に出版されました。

“Non-adiabatic molecular dynamics with divide-and-conquer type large-scale excited state calculations”
H. Uratani, H. Nakai, J. Chem. Phys., 152, 224109-1-14 (2020).

出版日(2020年6月12日)から2週間は自由にアクセスできるようです。