CREST研究で開発した実用的相対論的量子化学計算プログラムRAQETの解説論文が J. Comput. Chem. に受理されました

CREST研究で開発した実用的相対論的量子化学計算プログラムRAQETの解説論文がJ. Comput. Chem.に受理されました。

“RAQET: Large-scale two-component relativistic quantum chemistry program package”,
M. Hayami, J. Seino, Y. Nakajima, M. Nakano, Y. Ikabata, T. Yoshikawa, T. Oyama, K. Hiraga, S. Hirata, H. Nakai, J. Comput. Chem., in press (2018).

「機械学習による運動エネルギー汎関数の開発」に関する論文がJCPの特集号『データ活用理論化学』に掲載されました

機械学習による運動エネルギー汎関数開発に関する論文(清野、影山、藤波、五十幡、中井)がJCPの特集号「データ活用理論化学」にに掲載されました。

"Semi-local machine-learned kinetic energy density functional with third-order gradients of electron density"
J. Seino, R. Kageyama, M. Fujinami, Y. Ikabata, and H. Nakai, J. Chem. Phys., 148, 241705 (2018).

分子シミュレーション研究会会誌『アンサンブル』に「DFTB」の特集号が掲載されました

分子シミュレーション研究会会誌『アンサンブル』(Vol. 20, No. 1, Jan. 2018)に「DFTB」の特集号が掲載されました。
中井教授が特集号の巻頭言(特集「DFTB」にあたって)を執筆しました。
DFTBパラメータに関する記事(周、中井)とDC-DFTB法に関する記事(西村、中井)も掲載されました。