日本コンピュータ化学会2019年春季年会(東京)にて、口頭発表(3件)とポスター発表(3件)を行います

日本コンピュータ化学会2019年春季年会において、当研究室関連の発表が6件あります。

日程:2019年6月6日(木)~ 7日(金)
場所:東京工業大学大学院社会理工学研究科棟 大岡山西9号館2階
主催:日本コンピュータ化学会(SCCJ)

口頭発表

  • ○五十幡康弘、吉川武司、中井浩巳, "相対論的量子化学計算プログラムRAQETの公開", 1O01, 2019/6/6 9:40-10:00.
  • ○藤代天佑、大越昌樹、中井浩巳, "触媒担体の格子酸素が関わるNO-CO反応の理論的解析", 1O08, 2019/6/6 16:20-16:40.
  • ○浦谷 浩輝、周 建斌、中井浩巳, "ペロブスカイト太陽電池材料におけるポーラロン形成の量子的分子動力学シミュレーション", 2O08, 2019/6/7 17:00-17:20.

ポスター発表

  • ○中村海里、清野淳司、中井浩巳, "インフォマティクス手法を活用した結合エネルギー密度解析の開発", 1P11, 2019/6/6 13:30-15:00.
  • ○髙島千波、五十幡康弘、栗田久樹、高野秀明、柴田高範、中井浩巳, "カチオン性イリジウム触媒を用いた均一系触媒反応における相対論効果", 1P12, 2019/6/6 13:30-15:00.
  • ○新谷佳久、藤波美起登、松下薫、武藤慶、山口潤一郎、中井浩巳, "機械学習を用いたMizoroki-Heck反応における均一系Pd触媒の配位子設計", 2P11, 2019/6/7 13:30-15:00.

中井教授が第35回化学反応討論会(東広島)で招待講演を行います

第35回化学反応討論会(東広島)において、中井教授が招待講演を行います。

日程:2019年6月7日(水)~9日(金)
場所:東広島芸術文化ホールくらら
主催: 第35回化学反応討論会事務局

招待講演

  • 中井 浩巳, "Theoretical Analyses of Condensed-Phase Chemical Reactions Based on Divide-and-Conquer Density-Functional Tight-Binding Molecular Dynamics (DC-DFTB-MD) Simulations", S2, June 5, 16:50-17:30.

清野研究員がR&D支援センター講習会で、人工知能(AI)技術に関する招待講演を行いました

清野研究員がR&D支援センター講習会で「人工知能(AI)技術と
電子状態情報を用いた化学反応予測および反応条件最適化」に関して招待講演を行いました。

日程: 2019年1月22日(火)12:30~16:30
場所: 商工情報センター(カメリアプラザ)

プログラム
1.人工知能技術の概要
  1-1 人工知能技術とは
  1-2 人工知能技術の種類
  1-3 機械学習の概要
  1-4 進化計算の概要
2.化学における機械学習のための記述子
  2-1 化合物の構造的特徴を表した記述子
  2-2 量子化学計算による電子的特徴を表した記述子
3.化学において人工知能技術に期待されていること
  3-1 実験的な観点から
  3-2 理論的な観点から
4.機械学習と電子状態情報を用いた化学反応予測
  4-1 反応予測システムの歴史
  4-2 機械学習を用いた反応予測システム
  4-3 機械学習と電子状態情報を用いた反応予測システムの詳細
  4-4 有機化学反応に対する反応予測システムの精度と化学的観点からの解析
  4-5 均一系触媒における有機化学反応に対する反応予測
  4-6 将来展望
5.機械学習と量子化学計算による反応条件最適化
  5-1 反応条件および実験で得られた収率の間の機械学習による解析事例
  5-2 電子状態情報を利用した反応条件および収率の間の機械学習による解析事例
  5-3 将来展望
6.その他の人工知能技術の適用例と将来展望
キーワード
化学反応、合成、ディープラーニング、機械学習、研修、講習会

中井教授がスーパーコンピュータワークショップ2018で招待講演を行いました

中井教授がスーパーコンピュータワークショップ2018「理論・計算科学の挑戦:量子化学とシミュレーションからの展望」(自然科学研究機構)で招待講演を行いました。

日程: 2019年1月16-17日
場所: 岡崎コンファレンスセンター

講演題目: "大規模化学反応シミュレーションプログラムDCDFTBMDの開発と応用"
講演日程: 2019年1月17日9:30-10:10

中井教授が第43回顔料物性講座で「計算化学とインフォマティクスに関する基礎講座」の演題で招待講演を行いました

中井教授が第43回顔料物性講座(色材に関わるサステナブルとインフォマティクス)で「計算化学とインフォマティクスに関する基礎講座」の演題で招待講演を行いました。

中井談:これまであまり馴染みのない分野(色材・顔料)の方々と交流を持てました。
また、この分野でもマテリアルズインフォマティクス(あるいはケミカルなインフォマティクス)が必要であることを実感しました。