教員紹介

物理化学部門 : Division of Physical Chemistry

古川 行夫 教授
Prof. FURUKAWA Yukio
構造化学
Structural Chemistry
研究室HPはこちら
中井 浩巳 教授
Prof. NAKAI Hiromi
電子状態理論
Electronic State Theory
研究室HPはこちら
井村 考平 教授
Prof. IMURA Kohei
光物理化学
Photophysical Chemistry
研究室HPはこちら

無機・分析化学部門 : Division of Inorganic and Analytical Chemistry

石原 浩二 教授
Prof. ISHIHARA Koji
無機反応化学
Inorganic Reaction Chemistry
研究室HPはこちら
山口 正 教授
Prof. YAMAGUCHI Tadashi
錯体化学
Coordination Chemistry
研究室HPはこちら

有機化学部門 : Division of Organic Chemistry

中田 雅久 教授
Prof. NAKADA Masahisa
化学合成法
Chemical Synthesis Method
研究室HPはこちら
鹿又 宣弘 教授
Prof. KANOMATA Nobuhiro
機能有機化学
Functional Organic Chemistry
研究室HPはこちら
柴田 高範 教授
Prof. SHIBATA Takanori
反応有機化学
Reaction Organic Chemistry
研究室HPはこちら

生命化学部門 : Division of Biochemistry

小出 隆規 教授
Prof. KOIDE Takaki
生物分子化学
Biomolecular Chemistry
研究室HPはこちら
寺田 泰比古 教授
Prof. TERADA Yasuhiko
分子生物学
Molecular biology
研究室HPはこちら
中尾 洋一 教授
Prof. NAKAO Yoichi
ケミカルバイオロジー
Chemical Biology
研究室HPはこちら

 

化学・生命化学科のここが最先端

化学で生命現象をコントロールする

中尾 洋一 教授

生物の体は生体分子(脂質、タンパク質や核酸など)という化学物質から成り立ち、それら同士の化学反応が生命現象を引き起こします。そのため、人工・天然由来を問わず化学物質の多くが生物に対して何らかの影響を与えうると考えられます。環境中の生物に悪影響を与えるようなものは環境汚染物質となり、病気の治療に使われるものは薬とされるように、生物とのかかわりのなかで化学物質のとらえかたも変わります。

生物と化学のかかわりを理解する一つの切り口として、幹細胞生物学と化学の融合がトレンドになりつつあります。たとえば、小さな有機化合物を使って幹細胞を様々な細胞へと導くこと(再生医療)や、環境中に存在する化学物質の毒性を幹細胞を使って詳細に評価することが可能になりつつあります。

以上のように、化学を使えば原子レベルで詳細に生命現象を解析できるため、今後の生命科学の発展にとって化学はますます重要になると考えられています。

化学・生命化学科 中尾洋一先生
化学・生命化学科
中尾洋一先生
化合物によるES細胞から心筋細胞への分化誘導効果 ※分化誘導された心筋細胞は赤く染色されている。(京都大学・山下准教授から提供)
化合物によるES細胞から心筋細胞への分化誘導効果
※分化誘導された心筋細胞は赤く染色されている。(京都大学・山下准教授から提供)
※クリックすると拡大

光を使って物質の本質を探る

井村 考平 教授

目に見える光、見えない光、光にはさまざまな種類がありますが、これらの光を駆使すると、物質の構造や性質、また化学反応を高速かつ高精度に評価することができます。 私の研究室では、先端的な光学手法を開発しそれを使って物質の本質を探る研究を行っています。右の図は、ナノメートルの空間分解能をもつ特殊な顕微鏡を使って観察した棒状金微粒子 (ナノロッド)の光学像です。通常の世界で見る金と違い、ナノの世界ではロッドが“しましま”に見えることが分かります。この“しましま”は、物質中の電子の波の性質に由来してい ます。物質の特長は、電子の波の性質によって変わります。先端的な顕微鏡や最新のレーザー技術を駆使することで、高速な電子の波の動きを連続的に撮影することができます。これにより、 物質の本質を追究すること、さらにその機能を自在に操ることができるようになります。

化学・生命化学科 井村考平 准教授
金ナノロッド(直径20nm x 長さ510nm)の光学顕微鏡像。破線はナノロッドの概形。