受験生の方へ

模擬講義を見る

卒業生の声

化学・生命化学科のここが最先端

化学で生命現象をコントロールする

化学・生命化学科 中尾洋一先生

中尾 洋一 教授

生物の体は生体分子(脂質、タンパク質や核酸など)という化学物質から成り立ち、それら同士の化学反応が生命現象を引き起こします。そのため、人工・天然由来を問わず化学物質の多くが生物に対して何らかの影響を与えうると考えられます。環境中の生物に悪影響を与えるようなものは環境汚染物質となり、病気の治療に使われるものは薬とされるように、生物とのかかわりのなかで化学物質のとらえかたも変わります。

生物と化学のかかわりを理解する一つの切り口として、幹細胞生物学と化学の融合がトレンドになりつつあります。たとえば、小さな有機化合物を使って幹細胞を様々な細胞へと導くこと(再生医療)や、環境中に存在する化学物質の毒性を幹細胞を使って詳細に評価することが可能になりつつあります。

以上のように、化学を使えば原子レベルで詳細に生命現象を解析できるため、今後の生命科学の発展にとって化学はますます重要になると考えられています。

化合物によるES細胞から心筋細胞への分化誘導効果 ※分化誘導された心筋細胞は赤く染色されている。(京都大学・山下准教授から提供)
化合物によるES細胞から心筋細胞への分化誘導効果
※分化誘導された心筋細胞は赤く染色されている。(京都大学・山下准教授から提供)
※クリックすると拡大

光を使って物質の本質を探る

化学・生命化学科 井村考平 教授

井村 考平 教授

目に見える光、見えない光、光にはさまざまな種類がありますが、これらの光を駆使すると、物質の構造や性質、また化学反応を高速かつ高精度に評価することができます。 私の研究室では、先端的な光学手法を開発しそれを使って物質の本質を探る研究を行っています。右の図は、ナノメートルの空間分解能をもつ特殊な顕微鏡を使って観察した棒状金微粒子 (ナノロッド)の光学像です。通常の世界で見る金と違い、ナノの世界ではロッドが“しましま”に見えることが分かります。この“しましま”は、物質中の電子の波の性質に由来してい ます。物質の特長は、電子の波の性質によって変わります。先端的な顕微鏡や最新のレーザー技術を駆使することで、高速な電子の波の動きを連続的に撮影することができます。これにより、 物質の本質を追究すること、さらにその機能を自在に操ることができるようになります。

金ナノロッド(直径20nm x 長さ510nm)の光学顕微鏡像。破線はナノロッドの概形。

学生からのメッセージ

化学の力を最大限発揮できる研究者になる

化学・生命化学専攻 全田未悠さん

化学に興味がわき、その面白さに気付き始めたのは高校の時でした。目では見ることのできない小さな世界での現象にも関わらず、それらはこの世で大きな意味を持つという化学の力に私は引きつけられました。そして、より深く「化学」という学問を勉強したく思い、本学科の進学を決めたのです。
現在、私は生物分子化学研究室に所属しコラーゲンについて研究をしており、自身の研究が将来医学や製薬の分野での足がかりになることを願っています。
多くの可能性を秘めている「化学」という力を自分の手で最大限発揮出来る研究者になるべく、これからも研究に励みたいと思います。

化学の力を最大限生かして社会に貢献する

化学・生命化学科専攻 吉野哲哉さん

私達の生活を支える便利な製品、素材、薬品は化学の発展のおかげであり、目では見ることのできない小さな世界ではありますが、化学はこの世で大きな意味を持ちます。そのような化学の力に魅せられ本学科の進学を決めました。  現在私はケミカルバイオロジー研究室に所属しています。この研究室では生命現象を化学的手法によって解明することを目指し、化学、生物学、医学、環境学など生命科学に関連する様々な分野の研究を行っています。この研究成果をがん治療、再生医療など最先端の生命科学へ応用することが出来たら良いと思います。そして将来は私も、大学で学んだ化学の力を生かして、たとえ目立たなくても世界の諸問題を解決する部品の一部になりたいと考えています 。

広く学んだ化学の知識を研究に活かしたい

化学・生命化学科専攻 野田優子さん

私はもともと化学が好きで、また、生命化学という分野に興味があったため、化学・生命化学科へ入学することを決めました。大学2、3年になって生命化学の講義を受け、生体内で起こるさまざまな現象を化学的な視点からとらえることの面白さを実感しました。生体内における反応機構やタンパク質には未知なものが多く、それが、現在私が最も興味を抱いていることです。 この学科に入ってよかったと思う点は、生命化学だけでなく、有機化学、無機化学、物理化学もしっかり学ぶことができる点です。これら全てを学ぶことで得た知識は、直接的にも間接的にも、他の分野の理解を深めてくれます。生命化学も、他の分野の視点からみることで実際さらに面白く感じます。研究室では、これらの知識も活かしつつ、研究を進めて行けたらと考えています。

進路状況

学部生の大部分は大学院に進学します。 その他の学部生および修士課程の学生は,医薬・製薬,化学・食品,電気・機械等,多岐にわたる業種へ 就職しています。

2012年度学部生 卒業後の進路


2012年度大学院生 修士課程修了後の進路

最近の主な就職先

2012年度

学部卒業生就職先

Cygame,TBS,大和証券,豊島,野村証券,防衛省,ボルテージ,山善

大学院修了生就職先

旭化成,出光興産,エス・ジー,王子ホールディング,オー・ジー,キヤノン,サンジゲン,JX日鉱日石エネルギー,新日鉄住金,住友化学,生化学工業,立花学園高等学校,田辺三菱製薬, 電気化学工業,東京都職員Ⅰ類,東芝,東邦ガス,東洋紡,凸版印刷,日本新薬,日本製粉,日本ゼオン,ネットマイル,日立化成工業,富士フイルム,ブリヂストン,雪印メグミルク,ライオン(50音順)


2011年度

学部卒業生就職先

伊藤ハム,千葉銀行,中外薬品,バイエル薬品,マイナビ,三井住友銀行,三菱UFJリース,明治屋,めいらく,ヨコハマシステムズ,りそなホールディングス,ワークスアプリケーションズ

大学院修了生就職先

アース製薬,旭化成メディカル,旭硝子,AGC旭硝子,田辺三菱製薬,キューピー, 昭和産業,東亜合成,東京都職員,東レ,凸版印刷,日本ゼオン,日立化成工業,日立製作所,富士フイルム,文教学院女子中学・高校, 保善高校,三菱ガス化学,ライオン,立教新座中学高等学校,ロッテ,ローム(50音順)


2010年度

学部卒業生就職先

NOK,NTT東日本,アドマテックス,公務員,新日鉄ソリューションズ,ソナー,大同生命保険,大和証券,ニトリ,日立ソリューションズ,富士通,明治乳業

大学院修了生就職先

旭ダイヤモンド工業,アドバンテージ・サイエンス,エーザイ,大塚化学,カルピス,キヤノン,キューピー,京華学園,クレハ,塩野義製薬,シスメックス、 損害保険ジャパン,田辺三菱製薬,千葉県職員,東洋インキ製造,凸版印刷,日本高純度化学,日本曹達,日本バルカー工業,日本分光,富士通エフ・アイ・ピー, ブリジストン,三井生命保険,理化学研究所,リコー(50音順)


2009年度

学部卒業生就職先

エアーニッポン,エヌティティドコモ,パナソニック電工

大学院修了生就職先

旭硝子,群馬県庁,資生堂,信越化学工業,新日本製鐵,新日本石油,スクリプス研究所,ソニー,第一生命保険 ,田辺三菱製薬,地方公務員上級,中部電力,東燃ゼネラル石油,凸版印刷,日立SC,ファイザー,富士通CIT ,富士フイルム,富士レビオ,ブリジストン,三生製薬,郵便事業,楽天,リコー,リコーITソリュージョン,日本農薬 ,早稲田大学助手(50音順)


2008年度

学部卒業生就職先

ADEKA,USEN,オカモト,サイボウズ,白石カルシウム,住友ゴム工業,東京海上日動火災保険,日本水産,日本食品分析センター,リクルートスタップイング

大学院修了生就職先

旭硝子,アステラス製薬,エーザイ,カネボウ化粧品,かんぽ生命保険,協和発酵キリン,昭和電工,新日本石油, 積水化学工業,大日本印刷,武田薬品, 田辺三菱製薬,日東電工,日本分光,東日本旅客鉄道,日立化成工業,富士フィルム,三井住友銀行,三井物産エレクトロニクス,三菱瓦斯化学 リコー(50音順)


2007年度

学部卒業生就職先

あすか製薬,エス・エム・エス,キャノン,キャノンマーケテイングジャパン,マイクロソフト

大学院修了生就職先

FFC,JSR,NTTdata,TDK,旭化成エレクトロニクス,旭硝子,味の素,アステラス製薬, イビデン,岩橋国際特許事務所,花王,サカタインクス,自衛隊,新日本石油,ソニー, 大正製薬,大日本印刷,武田薬品工業,田辺三菱製薬,中外製薬,東芝,東洋紡績,東レ・ダウコーニング,日本ゼオン, 日本油脂,東ソー,富士フィルム,本庄高校教員横須賀市役所,早稲田大学助手(50音順)


詳細はこちらをご覧ください。

学部受験情報

先進理工学部入学情報はこちらをご覧ください。

大学院受験情報

先進理工学研究科入学情報はこちらをご覧ください。

*他大学からの大学院進学を歓迎します。受験希望者は,受入希望先の教員までご連絡ください。

過去問題はこちらをご覧ください。

奨学金に関してはこちらをご覧ください。

出版物

詳細はこちらをご覧ください。